【良かったCD】ALL JAPAN / 山(全日本レコード) | | unkomorimori.com

【良かったCD】ALL JAPAN / 山(全日本レコード)

【良かったCD】ALL JAPAN / 山(全日本レコード)

先日ハリウッドザコシショウの単独公演の東京2日目『三冠ザコシの劇場版くるくるパーマン』を観に行った際、会場内でずっといい感じのBGMが流れていたんですよ。「志村けんのだいじょうぶだぁ」のテーマソングをサンプリングしたり、内田裕也の政見放送をサンプリングしたり、ファミコンの「東海道五十三次」のBGMをサンプリングしてるテクノ系の音楽が。

ずっと誰かな誰かなと思っていて、いろいろ調べたけど全然情報が出てこなくて、何だっただろうなと思っていたんだけど、ディスク百合おんさんが「たぶんこれだと思いますよ」と教えてくれた音源が大当たり。すぐ購入してしまいました。

全日本レコードというレーベルから出ていた「山」というアーティストさんの「ALL JAPAN」というベストアルバムでした。これを知ってからYouTubeに上がってる音源を調べたりもしてみたけど、やはり良い……。

CDを売ってるページの解説も熱くて良かった。もっと早く知っておきたかったなあ。とりあえずDJごっこするときのネタが増えたので最高です。あとザコシはいつも開演前にいい感じのBGM流してる。気になっちゃう気になっちゃう。

 90年代に突如始まった、ナードコアテクノと言われるネタものテクノムーブメント。QUICK JAPANの特集をきっかけに東京の一部のシーンで猛威を振るっていたが、同時期に地方で息吹をあげるレーベルも少なくなかった。93年に北九州で産声を上げた『全日本レコード』もその一つ。地方のレコード屋にてカセットテープでのリリースを行っていたそのレーベルは、大阪のGWGや東京のNENDOといった、新世代デザイナー陣に見つけられ、面白がられ、コンピレーションCD『HOTLINE』をリリースし、突如として全国に名を轟かせるようになった。そのレーベルの中心にいたのが今回リリースされる『山』、その人である。

 彼の作る曲は、暴走族の総長のセリフを切り刻んだハードミニマルや、松竹梅のCM曲の『く』の部分のみに焦点を当てたエレクトロ、稲川淳二オンリーフルアルバム(しかも2作も作っている!)や衣笠祥雄をリスペクトしすぎたクラフトワークのカバー曲の連作などだった。そのどれもが他のナードコアアーティストの作品と視点・クオリティーとも全く違っていたため、“踊れる”面白いテクノとして、曲を発表するたびにコアなファンを増やしていった。しかしライブを頻繁にやるわけでもなく、素性の全く知れない『山』という名前もあってか、ほぼ一般的なテクノリスナーに知られることはなかった。

 また山の曲はまるで売れる事を拒否しているかのように、本当に手に入りにくかったのも原因であろう。入手できるのは当時のシーンの最先端ショップshop33のみという委託販売や、ライブ会場で突如売られるCDRの新作アルバム、友人のコンピにこっそり参加、身内だけに配って終わりとかだったのだから。サイトでも多少の曲を公開していたが、そこに辿り着けるのは、やはりコアなリスナーのみだったように思う。

 それゆえ熱心なファンでも、後追いで手に入れるのは困難を極めた作品群だったが、いつか世に出さねば!と勝手に長年思っていたレーベルメイトのDieTRAXことDieが、過去の膨大な山アーカイブから代表曲をセレクト。今は日本を代表するまでになった前述したデザイナー集団のGWGによるデザイン、2000年代に一緒にイベントに出ていたフランク重虎(VALKILLY)氏がマスタリング、そしてそのコアなリスナーの一人でもあったSKATE THING氏がコメントを寄せてくれたのが、このベストCD『ALL JAPAN』である。

 まだまだ、ここは山の入り口。これからもっと山を知るにつれて、最高の景色があなたを待っている事でしょう。それでは初心者コースをお楽しみください。

全日本レコード DieTRAX

http://ketchuparts.thebase.in/items/497370 より引用