ボツ記事コレクション第2回|【ヤバイ】うんこのニオイがする香水を発見! クサすぎ!! 使い道どうすんだこれ!! | | 健全なホームページ
1/19(土)第4回ウェブメディアびっくりセールに出店します!

ボツ記事コレクション第2回|【ヤバイ】うんこのニオイがする香水を発見! クサすぎ!! 使い道どうすんだこれ!!

ボツ記事コレクション第2回|【ヤバイ】うんこのニオイがする香水を発見! クサすぎ!! 使い道どうすんだこれ!!

このコーナーは納品した記事が諸事情によりボツとなり、お蔵入りとなってしまったものをそのまま公開してしまおうというものです。

第2回も2015年頃、まだネットニュースを書くようになって数ヶ月しか経ってない頃に執筆し、やっぱり当たり前のようにボツとなった記事であります。ちなみに第1回もうんこでボツ。よっぽどうんこのこと書きたかった時期なんだな……。

【ヤバイ】うんこのニオイがする香水を発見! クサすぎ!! 使い道どうすんだこれ!!


うんこがクサいのは当然である。香水がいい匂いなのも当然である。ところが、なんとこの世に「うんこのニオイがする香水」が存在するという怪情報が入ってきたのだ。おいおい、まさかクサいニオイの香水なんてあるわけないだろ!

本当にあった!!


疑心暗鬼でネット通販サイトを探してみたところ、残念ながら本当に「うんこの香水」が販売されていることを知ってしまった。その商品名は「女子校生の黄金の匂い」である。ジャンルはアダルトグッズだ!こんな文化があるなんてただただ衝撃でしかない……。

熱いこだわりが随所に感じられる


さっそくうんこ香水を取り寄せ、パッケージをチェックしてみると「香りの専門家が真剣に製作した本物の匂い」「匂いで感じる新感覚」など、製作者の情熱が伝わってくるフレーズが随所に散らばっていた。よーし、そこまで気合の入った商品なら、気合を入れてニオイを嗅いでやろうじゃないか!

嗅ぎ係として近所のオッサンを招集


以前に「顔面の至近距離でオナラを嗅がせる検証」で協力してもらった近所のオッサンを再び招集し、さっそくうんこ香水のニオイを嗅いでもらうことにした。せっかくなので商品名は一切明かさず、何のニオイか当ててもらうことで、ニオイの再現度のチェックもしてみたいと思う。

紙の上に垂らしてチェック


まずはうんこ香水を開封し、ティッシュペーパーの上に数滴垂らしてチェックすることに。香水のリアルな色味も相まって、まるでうんこを拭いた紙のようなヴィジュアルだ……。

おそるおそる嗅ぐオッサン


うんこ香水を染み込ませたティッシュを鼻に近づけ、おそるおそるニオイを嗅ぐオッサン。どうやらいきなり強烈なニオイがするわけではなく、「なんとなくいい匂い」の奥底に悪臭が潜んでいるようだ。そのあたりで「女子校生」という要素を再現しているのかもしれない。本当にそうならそのこだわりはすごい!

悶絶するオッサン。答えはほぼ的中!


何回か嗅いでいると徐々にその潜んだ悪臭の凶悪さに気がつくらしく、3回目くらいでオッサンが悶絶し始めた!相当に不快なようすだ。

そのタイミングでオッサンに何のニオイだと思いますか?と聞いてみると、オッサンは「原住民のうんことかそんな感じですか?」と回答。見事にうんこという部分は的中した!それだけ忠実にうんこのニオイが再現できているということがここに証明されたのだ!

うんこの香水を嗅がされたということに近所のオッサンはブチギレ大激怒。そのまま帰ってしまい、しばらくはLINEも未読スルーされてしまった。この商品を買うのも個人で楽しむのも自由だが、他人には嗅がせないほうがいいかもしれない。

使い道はどうすんだこれ!

しかし勢いでうんこの香水を買ってしまったが、これをいったいどう使えばいいのだろうか……。まったく使い道が思いつかない。しばらくは引き出しの中で眠ることになりそうだが、何かのはずみでフタが開いたりしてしまわないことを祈るばかりだ。

あと1点だけ言いたい。今回は大手ネットショッピングサイトで購入したのだが、発送を伝える際のメールで、件名に商品名を入れるのだけはやめていただきたい……。