自家製麺の年越し蕎麦最高! フィリップスのヌードルメーカーを使って麺作り。ペヤングソースで両面焼きそばも作ったよ! | | 健全なホームページ

自家製麺の年越し蕎麦最高! フィリップスのヌードルメーカーを使って麺作り。ペヤングソースで両面焼きそばも作ったよ!

自家製麺の年越し蕎麦最高! フィリップスのヌードルメーカーを使って麺作り。ペヤングソースで両面焼きそばも作ったよ!

今回の年末年始は9連休なんていう人も多いようですが、あたくしは変わらず毎週水曜日に締切の仕事があるので、ここ数年は特にどこにも行かず家でいつも通りの生活をしています。まあ、仕事元の会社がたいていお休みなので楽にはなりますけどね。

Advertisement

そんな感じなので、大晦日は毎年家で自家製麺の蕎麦を使った年越し蕎麦を食べるのがすっかり恒例行事となりました。今年も最高だった~!


使っているのはフィリップスのヌードルメーカー。いつぞやの誕生日に友達がお金を出し合って買ってくれた物なのですが、本当に愛用してるし、しっかり美味しくできるからすんばらしい。去年は炭水化物抜くダイエットをしてたからだいぶ自家製麺する頻度は落ちちゃったけどね。


基本的には機械に粉と水を入れるだけで、スイッチを押せばすぐできちゃう。分量とかをアレンジして突き詰めるのも楽しいんだけど、蕎麦は特に難易度が低くてよい。蕎麦粉があまり売ってないっていうのだけがデメリットかしら。


製麺が終わったら早速茹でて、今年はざるそばにしていただきました。麺のコシを堪能するにはやっぱり冷やし蕎麦がいいですな~。おかげさまで最高にウマいメシで2018年を締めくくることができました。


さらに今回は4人前を同時に作っていたため、年明けのタイミングで蕎麦をおかわり。今度は温玉とわかめととろろ昆布をいれた温そば。幸せや……。これ食べちゃうともう大晦日にどこかに出かけたいなんて思えなくなっちゃう。

Advertisement

そして寝て起きてから、今度はさらに余った蕎麦を使って焼きそばを作ることに。焼きそばっていうと普通は蒸した中華麺を使うけど、蕎麦麺を使っても風味が出て美味しくなるんですな~。週刊プレイボーイの連載「野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所」の第1回でもどん兵衛天そばをペヤングソースで焼きそばにするアレンジをしたくらいですし。


今回はこのときに使って余っていたペヤングソースも使っちゃいます。


いかにもネタっぽい商品だし、店でもいつも売れ残ってるからそのうちなくなっちゃうんだろうなあと思うけど、これ有能ですよ。いい味出る。なんとか販売中止にならず持ちこたえてほしいなあ。

さらに今回は去年ガジェット通信の取材で食べて感動した、「あぺたいと」の両面焼きそば風に作ってみることにしました。麺を茹でてから両面をパリパリに焼くの。


焼きそばが好きなら一度は食すべき! 新食感『両面焼きそば』があまりにも絶品
https://getnews.jp/archives/2103630

このとき食べたのを思い出しながら作ってみたら……


完璧にできた!! 茹で麺だからこそ出る独特のモッチリ感が最高。ペヤングソースと蕎麦の相性もやっぱり最強でした。パリパリに焼き上げた部分のスナックっぽさもウマいんだよなあ~。

仕事柄どうしてもカップ麺をいろいろ食べて研究したり、変な料理を試作したりもしないといけないけど、普通にうまい料理も定期的に作っていきたいですなあ。とにもかくにもヌードルメーカーは麺好きの人には強くおすすめしたいのです。