【謎イベント】アキバのメイド喫茶でラクダミルクと中東プロテインを飲む会に参加してきた話 | | 健全なホームページ

【謎イベント】アキバのメイド喫茶でラクダミルクと中東プロテインを飲む会に参加してきた話

【謎イベント】アキバのメイド喫茶でラクダミルクと中東プロテインを飲む会に参加してきた話

もう1ヶ月ほど過ぎてしまいましたが、中東(アラブ諸国の方)で一番有名な日本人と呼ばれているお友達の鷹鳥屋さんにお呼ばれして、秋葉原のメイド喫茶を貸し切って中東プロテインとラクダミルクを試飲する会に参加してきました。

ちょっと情報量多くて意味不明だと思いますけど。

中東プロテインとかラクダミルクなんて、まったく味の想像もつかないわけですが何かの参考になるかもしれないですし、これは参加しないわけにはいかないかなと。そのときのことをレポート的な感じで書き残しておきます。

Advertisement

イベント開始前から濃すぎてお腹いっぱいになった件


店内に入ると、メイドたちの写真とねむきゅんのサインが飾られた壁にかけられたテレビで世界最高峰のボディビルコンテストの映像が流されているという、さらに情報過多になるシチュエーション。


さらに会場にはボディビルタレントの清水泰地さんもいるという。イベント開始前からもう満腹で胃もたれしそうな状況です。


そしてこちらがなんとも怪しげな中東プロテイン。モノによってはレッドブルなんかよりも遥かに大量のカフェインが入っているものもあるのだとか。


そんな話を聞いてしまっては成分が非常に気になるわけですが、残念ながら現地から調達した商品なので文字を一切読めません。鷹鳥屋さんの解説を信じて飲んでみるしかなさそうですな。

Advertisement

イベントスタート! とにかく中東プロテインを飲みまくる

会場には約20名ほどの物好きが集まり、いよいよイベント開始。午前11時のお昼時にスタートということもあって、まずは腹ごしらえということで普通のカレーライスが振る舞われました。


もちろんこちらは文句なしで美味しい! ところが普通に食べるだけではヨシとならないのがこのイベント。早速怪しげなモノも回ってきました。


なにやらコレはラクダミルクで作ったバターだそうで。少しだけカレーに投入してみましたが、牧場土産によくある「バター飴」みたいな風味が強く、一瞬にしてカレーが負けます。すさまじいパワー。少し入れるだけならいい感じにまとまりそうですが、迷わず大量に投入してカレーがもはや油そのものになってしまい悶絶している人もいました……。

Advertisement

そしてここからが本番。いよいよ中東プロテインが順番に回ってきました。


まず最初にやってきたのは「アラビックコーヒー(カプチーノ味)」のプロテイン。こちらはなんと30g中のカフェインが150mgという強烈なもの。モンスターエナジーでさえ100mlで36mgなのに……。ちなみにアラビックコーヒーというのは浅煎りのコーヒー豆とスパイスを煮込んだコーヒーなのだそうです。


こちらをコップに注いでみると、驚くほどにドロドロ。溶けない粉末を使っているんじゃないかというレベルです。味は非常に甘く、口の中が一瞬で粉っぽくなり、非常に飲みにくい。これは本当にヤバいイベントに来てしまったのかもしれない……。


続いて登場したのは「アラビックコーヒー」のプロテイン。全然変わらないんじゃないかと思いきや、こちらは甘さ控えめで、なおかつ粉っぽさも抑えられていて飲みやすい。これならアリですね! 粉っぽくないのに成分は「アラビックコーヒー(カプチーノ味)」と同じく、30gあたり20gのプロテインを含有しています。


こちらの赤い液体も中東プロテイン。「VIMTO味」のプロテインと言われてもなんのこっちゃわかりませんが、VIMTOというのはイスラムの人たちがラマダン明けに飲むドリンクのことだそうで。そりゃなんだかわからないわ。

ところが意外や意外。この「VIMTO味」のプロテインが激ウマ。人工的に甘酸っぱいフルーツを再現したような味になっていて、駄菓子屋にある10円の粉末ジュースのイチゴ味とかそんな感じ。こいつはグビグビ飲めちゃう。本物のVIMTOはぶどう、ラズベリー、カシスなどにハーブやスパイスを加えて作っているそうで、再現度も結構高いのかもしれないですね。

Advertisement

ほかにも100gあたり250mgのカフェインを含むりんご味のプロテインや、ナツメヤシからタンパク質を抽出したナツメヤシ味のプロテインなども試飲。最初の「アラビックコーヒー(カプチーノ味)」が強烈過ぎたので構えてしまいましたが、それ以外はなかなか美味しく飲むことができました。


そして最後はラクダミルクが登場。粉ミルク的な感じになっているんですな。そのままお湯で溶かして飲んでみると、やっぱり最初に味見したラクダミルクのバターのような風味がして、なんとなく油っぽい。そのまま飲んでも特別美味しいものではないですね。


というわけでこのラクダミルクとナツメヤシのプロテインを混ぜ合わせて……


清水泰地さんがフルパワーで中東プロテインをシェイク! なんて画になるんでしょう……! しっかり混ぜ合わされたこともあったのか、2つの味は見事にマッチし、美味しくいただくことができました。

こうしてイベントは幕を閉じたのですが、普段口にすることのない味の飲み物や食べ物をたくさん摂取できていい経験になりました。個人的なMVPはVIMTO味のプロテインですね。これなら毎日飲みたいし、本場のVIMTOも一度飲んでみたいな。

ただやっぱり、この手のイベントに参加すると毎回思うのは「日本に生まれてよかったなあ」ということ。日本食って本当に美味しいってことを再確認できる。日本食を好き嫌いしてる場合じゃないですよ。なんでも美味しい。好き嫌いが激しいお子さまにはラクダミルクとかペットフードとか食べさせてみればいいんじゃないですかね。きっとなんでもモリモリ食べるようになると思いますよ。