【カップの麺ぜんぶ食う】第46回 日清食品 焼すぱ 下町ぺぺろんちの ★3 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第46回 日清食品 焼すぱ 下町ぺぺろんちの ★3

【カップの麺ぜんぶ食う】第46回 日清食品 焼すぱ 下町ぺぺろんちの ★3

日清食品 焼すぱ 下町ぺぺろんちの
調理時間 5分
麺 85g
熱量 443kcal
炭水化物 60.2g
食塩相当量 4.3g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら

なんかダイソーとかの100円ショップでよく見かける商品。これは西友で買ったけど77円とかだった。ここまで安い日清の商品は珍しい。


そして「焼すぱ」というのは焼きスパゲティのことなんでしょうけど、パッケージには「パスタでも焼そばでもない」とか書かれている謎のカップ麺。パスタじゃなければおまえはなんなんだ。ペペロンチーノ味ではなく下町ぺぺろんちの味だし。

Advertisement


UFO型のカップを開けてみると、中に入っているのは液体ソースのみ。かやくは麺の下にあるという、UFOの親戚的な雰囲気があります。


熱湯を注いで5分。湯切りをすると麺の下に隠れていた具の姿が露わになりましたが……あれ、赤唐辛子も入ってたのか。熱湯と一緒に5分も浸かってたら辛味成分が全部出ていってしまうのでは……? ラーメンならまだしも、湯切りしちゃうしなあ。


そんな心配をしつつも液体ソースをかけて完成。ソースを混ぜ混ぜしているとニンニクの香りがなかなか強めに漂ってきました。

さて、こいつは箸で食べるのが正解か、それともフォークで食べるのが正解か。パッケージの写真にはフォークが使われていたので、それにならってフォークでいただきます。


ソースの味はニンニク強め、唐辛子っぽさ控えめ、オリーブオイル風味弱め。そして全体の味は濃いめという仕上がりでしたが、なかなか悪くない。むしろ値段を考えたらかなり素晴らしい部類に入るのでは。

しかし麺がこれはなんだろう。結局太麺のカップラーメンで使われているフライ麺と大差なし。パスタってことで出したいけど、全然パスタっぽくない麺になっちゃったから、なんとなく「焼すぱ」ってネーミングにして「パスタでも焼そばでもない」とお茶を濁した感がすごい。

「ペペロンチーノ風カップ焼きそば」とかにしちゃったほうが食べたときのイメージが一致したのでは。麺の質もソースの味も悪くないのに、食べてみて「……?」となってしまうのはもったいない。

Advertisement

あと値段的にしょうがないかもだけど、お湯に浸ってしまった赤唐辛子を含め、かやくをもうひと工夫できてたらさらにいいんだろうな。

まあでもスーパーのプライベートブランドと同じ価格帯で食べられると思えば全然アリかとは思います。

評価:★★★