北浦和『中華蕎麦 金魚』ワンタンつけ蕎麦850円 | | 健全なホームページ

北浦和『中華蕎麦 金魚』ワンタンつけ蕎麦850円

北浦和『中華蕎麦 金魚』ワンタンつけ蕎麦850円

あたくしは週に1日くらい北浦和にある会社に出社してお仕事をしてます。浦和って何かと縁があるんですよな。ばあちゃんの家が浦和寄りの与野だったし、毎回駐車場として使ってる北浦和のイオンは昔親戚みんなでよく行ってたり。

そんな北浦和に行って仕事をする日の昼メシは何を食べるかというと、サイゼリアとモスバーガーで9割くらいを占めてます。ついパソコンを持ち込んで作業しながら休憩できるところに行ってしまう。

でも残りの1割はパソコンを持ち込まず純粋にウマいものを食べたいとなるんですが、そのときの選択肢の最上位に入ってくるのが『中華蕎麦 金魚』なのです。

Advertisement


北浦和駅東口から徒歩1~2分くらいの場所にあるつけ麺屋さん。以前に何度か取材でもお伺いしたことがあるんだけど、店主さんが顔を覚えていてくれて嬉しい。いい人なのがにじみ出ている。


金魚にはラーメンとつけ蕎麦があるけど、やっぱりイチオシなのはつけ蕎麦。そして通常のつけ蕎麦(800円)ではなく、ぜひプラス50円してワンタンつけ蕎麦を攻めたい。


こちらがそのワンタンつけ蕎麦。ランチ大盛り無料に釣られて、ダイエット中だけど大盛り。


だって麺が本当においしいんだもの。ツルツルのツルツル。麺をすするのに快感を覚えてしまいそうなツルツルっぷり。そりゃあ、1本でも多くツルツルしたいよ。ラーメンもうまいけど、よりツルツルできるつけ蕎麦(冷盛り)こそが至高じゃろ。


スープは魚介系の王道といった感じ。奇をてらわず、正々堂々とうまい。ストレート一本勝負を挑んでくる感じ。野茂と清原。イチローと松坂のよう。真っ向勝負が野球少年の頃に帰らせてくれるように、金魚のスープはつけ麺をはじめて好きになったときのことを思い出させてくれる。


で、なんでワンタンが推しなのかというと、このスープのなかでプカプカと浮かぶワンタンが「金魚」のように見えるからだと。なんておしゃれなんだろうか……! フワッと柔らかい皮がすごくいいアクセントになって美味しいし、50円でプラスできるなら追加しなきゃ。

スープはたま~に、ちょっと醤油が強めだったり、味が薄めだったりとブレがあるけど、それもまた人間味があっていい。都内の激戦区の人気店ではないものがあるのです。たぶん回数にすると年に2~3回くらいしか行けてないけど、しばらく間が開くとまた行きたくなるんだよなあ。次はいつ行くことになるだろうか。