【カップの麺ぜんぶ食う】第61回 エースコック 一度は食べたい名店の味 狼煙 魚粉盛り濃厚豚骨魚介ラーメン ★4 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第61回 エースコック 一度は食べたい名店の味 狼煙 魚粉盛り濃厚豚骨魚介ラーメン ★4

【カップの麺ぜんぶ食う】第61回 エースコック 一度は食べたい名店の味 狼煙 魚粉盛り濃厚豚骨魚介ラーメン ★4

エースコック 一度は食べたい名店の味
狼煙 魚粉盛り濃厚豚骨魚介ラーメン
調理時間 5分
麺 70g
熱量 405kcal
炭水化物 56.8g
食塩相当量 6.6g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら

ラーメン、つけ麺、油そばは大好きだけど、そこまで語れるほど知識はございません。この「狼煙(のろし)」はどうやら埼玉・大宮の名店らしい。高田馬場でサラリーマンしてた頃は高田馬場限定でそれなりに詳しかったんだけどな。最近たまに行くと、昔通ってた店がほとんどなくなっちゃってるから激戦区って恐ろしい。


で、狼煙は動物系と魚介系をじっくり煮込んだWスープと大量の魚粉が特徴なんだとか。なんだかカップ麺で再現するのは難しそうな雰囲気ある。心配してしまう。

Advertisement


フタを開けました。粉末スープとかやくはすでに開封済みで、ほかに液体スープとふりかけの小袋が入っていました。

が、これがちょっといただけなかった。粉末スープが開封済みなものだから、小袋が粉まみれになってしまっていた。取り出すだけで手が汚れちゃう。粉末スープもかやくも小袋にすればよかったのに。小袋が多すぎるとめんどくさがる層でもいるのかな……?


というわけでお湯を注いで5分待ち、液体スープと魚粉を投入します。


こちらが完成図。


魚粉たっぷりを謳いながらしょぼかったりするのはカップ麺あるあるだけど、この量はかなり頑張っている部類では。店と比べたらさすがに少なく感じるんだろうけど、その点は店に行ったことないのが幸いした。


全体をかき混ぜて食べようとしてみると、スープのどろどろぶりに驚き。これすごいな。容器に濃厚なスープと魚粉がこびりつく感じは店の濃厚ラーメンっぽさがある。最後にスープの残りを流したら水質汚染が心配になっちゃうレベル。

味も見た目の通りかなりいい味に仕上がっていて、カップ麺っぽさが薄い。スープを口にしたときに一緒に具が入ってこなければカップ麺ってわからないんじゃないかしら。粉末スープと液体スープでこのクオリティを出せるなんて、カップ麺のさらなる可能性を感じられるレベル。こいつはすごいぞ……!


ではまた星5つをつけてしまうのかというと、つけない。麺が惜しいと感じました。本物っぽすぎるスープと、インスタント麺らしさの強いフライ麺との相性がつくづく惜しい。スープが素晴らしいからこそ、食べ進めていると「どうして俺はこの麺で食べているんだろう……」と残念な気持ちが芽生えてきてしまう。

前に同じシリーズの「ぜんや」を食べたときにも同じことを感じたけど、なんで麺をもうちょっとだけ頑張れないんだろうか……。スープはこれだけやれるのに!

【カップの麺ぜんぶ食う】第30回 エースコック 一度は食べたい名店の味Mini 埼玉新座ぜんや ホタテだし塩ラーメン ★1

でも、「ぜんや」のときは酷評してしまいましたが、「狼煙」に関しては麺以外一切文句なし。スープに入ってるメンマも刻みタマネギもいいアクセントになってるし、ほかの要素はちゃんとスープに合ってる。本当に麺だけ! むしろ一度食べ終えたあとに生麺で替え玉したい。とにかく惜しい一杯でした。

評価:★★★★