【カップの麺ぜんぶ食う】第63回 エースコック リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質30%オフ ★3 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第63回 エースコック リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質30%オフ ★3

【カップの麺ぜんぶ食う】第63回 エースコック リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質30%オフ ★3

エースコック リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質30%オフ
調理時間 5分
麺 50g
熱量 272kcal
炭水化物 40.7g
食塩相当量 5.6g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら

あまり信用してないんですよね。カロリーオフとか野菜たっぷりヘルシー系のカップ麺って。期待している人も少ないと思うけど。健康志向の人はそもそもカップ麺を食べないだろうし。


エースコックがリンガーハットの長崎ちゃんぽんを低糖質化させてカップ麺にしてきました。パッケージには「ロカボデリ」と見慣れない言葉が。どうやらロカボというのが「おいしく楽しく適正糖質」という意味らしい。


成分表示を見てみると、確かにカップは大きいのに炭水化物は40g程度に抑えられてる。でも騙されちゃいけないのは、麺を少なくすることで低カロリー低糖質に見せている商品もあるってこと。実際この商品も麺は50gしか入っていませんでした。カロリーは272kcalに抑えられてるけどノンフライ麺なら300kcal切りするのもそんなに珍しくない。やっぱり信用ならない気持ちのままフタを開封します。

Advertisement


フタの中には麺とかやくと液体スープ。麺はノンフライ麺とのことですが、見た目は結構太めだしフライ麺のよう。本当に低カロリーなの?


でもかやくは見るからにリンガーハットの長崎ちゃんぽんと同じ野菜の色をしていて、ここでちょっぴりテンションが上がりました。ピンク色のかまぼこがとてもいい。

続いてかやくを麺の上にあけ、熱湯を注ぐと野菜の香りが広がってきました。俄然リンガーハット感がアップしてきています。いいぞいいぞ……!


ところがどっこい。5分経過し、液体スープを注いでかき混ぜると、一気に見た目がしょぼくなってしまいました。リンガーハットのちゃんぽんは並盛りの商品でも野菜が255グラム。やっぱり野菜大盛りが売りのラーメンをカップ麺で再現するのは無理があるって……。


期待値が再び落ちてしまったところで食べ始めましたが、やはり最も気になるのは低糖質麺のクオリティ。その食感はまるで用事をしていて食べ始めるのが遅れてしまったカップ麺のように柔らかめでした。もちろん時間はきっちり守って作っています。

でも味はけして悪くなく、スーパーなどで売ってる糖質ゼロ麺やこんにゃく麺のようなガッカリ感はまったくありません。しっかりラーメンの麺になっている。十分及第点といったところでしょうか。


そしてスープはかなりリンガーハットの長崎ちゃんぽん感があります。ちゃんぽん感って口に出してみるといいフレーズだな。

ただ、ちゃんぽん感があるといっても、めちゃくちゃうまいっていうわけではないっす。だってもともとリンガーハットが「なにこれ! ウマすぎ!」となるような商品ではないわけで。リンガーハットは好きだけど、低価格なチェーン店だからどこでも食べられて、しかも野菜がたくさん入っているところがいいんです。

Advertisement

とまあ麺とスープはしっかりリンガーハットを思い出せるクオリティになってたんだけど、やっぱりリンガーハットを名乗っているのに野菜を感じられないのは寂しすぎる……。食べても食べても野菜が口に入ってこないのです。入ってきてないことはないんだろうけど、キャベツがなんか薄いのか、存在感がないんだよなあ。

なもんで食べごたえがあまりないから、結局これだけを食べて食事制限しようとするのは難易度が高そう。空腹感が早めに襲ってきて、耐えられずに間食で何かを食べて台無しにする人が多そうだ。

糖質を30%カットしなかったところでたかが知れていると思うし、それならただのノンフライ麺を使ってコストを下げて、その分野菜を1gでも増やしてほしかった。そんな感じで惜しい一杯でした。

評価:★★★