【カップの麺ぜんぶ食う】第54回 東京拉麺 ペペロンチーノ(ラーメンスタイル) ★5 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第54回 東京拉麺 ペペロンチーノ(ラーメンスタイル) ★5

【カップの麺ぜんぶ食う】第54回 東京拉麺 ペペロンチーノ(ラーメンスタイル) ★5

東京拉麺 ペペロンチーノ
調理時間 3分
麺 30g
熱量 155kcal
炭水化物 23.1g
食塩相当量 3.0g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら

正直ナメてました。完全にやられた。60円で売ってる駄菓子にここまでのポテンシャルがあるとは。迷わず星5つをつけてしまったカップ麺です。


今回食したのは東京拉麺というミニサイズのおやつラーメンを製造している会社の商品。パッケージに「ラーメンでもOK パスタでOK こんなの初めて!!」というコピーが入ってる時点で子供だまし的なニオイを感じてしまったわけです。

Advertisement


しかし、商品の名称はしっかり「即席カップめん」となっているわけですから、きちんと食べてほかのカップ麺と同じ物差しで評価をしなければなりません。同じ土俵に上がっている以上、横綱でも幕下でも力士なのは一緒なのですから。


フタを開けてみると中には粉末スープが入っているだけ。フハハ。こんなんでラーメンにもパスタにもなるなんて笑止千万。と思っちゃうよね。


ちなみにラーメン風に作るときはスープを全量入れ、パスタ風にするときは半量入れればいいみたい。ここにきて「ラーメン」「パスタ」とちょっと弱気になってる感じがかわいい。

とりあえず今回は「ラーメン」が上に書かれているので、ラーメンスタイルで食べてみることに。


粉末スープを麺の上にあけ、熱湯を注いで3分待ちます。粉末スープは麺の量に対して結構多めに見える。

Advertisement


3分後。フタを開けてみるとこんな感じ。麺がほとんどほぐれてない。


具といえる具も一切なく、赤と緑の粉末がプカプカ浮かんでるだけ。赤いのは赤ピーマンだそうで唐辛子ではありません。緑のはパセリとバジルらしい。

まあ60円の駄菓子ラーメンなんてこんなもんだよな、なんて思いながら麺をほぐし、ズズズッといただいてみます。


……あれ? なんかこれ、麺が普通にウマいぞ……?

ベビースターラーメンをお湯に浸しただけ、くらいのレベルのものを想像してたんだけど、カップヌードルの麺に限りなく近いスナック麺という感じ。ちゃんとコシがあってハイクオリティ。これよりイケてない麺を使ってるカップ麺なんて数え切れないほどあるぞ……!


そしてさらに驚いたのがスープの完成度。さすがに粉末スープっぽい味ではあるんだけど、ニンニクがしっかり効いていて、塩味にもちゃんと深みがある。味はかなり濃い目な感じがするけど、それがまた欠点じゃなくて魅力になっているのがすごい。ジャンキーな要素が増して中毒性の高い味としてまとまってる。最近の駄菓子のラーメンってこんなにレベルが高かったのか……!!

麺は30グラムしか入っていないけど、麺の食感がしっかりしていて、味も尖っていてわかりやすいので、そのへんのミニサイズのカップ麺なんかより満足度が圧倒的に高い。いやあ、恐れ入りました。とりあえず近日中に同じのを買ってきて、パスタスタイルでも食べてみなければ。

いやあ、ほんと思わぬ伏兵にやられました。素晴らしかったです。

評価:★★★★★