【しあわせ】ヤッホーブルーイング主催飲み会「メディア宴」にご招待していただきました@YONA YONA BEER WORKS 新虎通り店 | | 健全なホームページ

【しあわせ】ヤッホーブルーイング主催飲み会「メディア宴」にご招待していただきました@YONA YONA BEER WORKS 新虎通り店

【しあわせ】ヤッホーブルーイング主催飲み会「メディア宴」にご招待していただきました@YONA YONA BEER WORKS 新虎通り店

完膚なきまで確定申告に打ちのめされております。今年は本当に終わらない……。

そんななか、クラフトビールの「よなよなエール」で有名な「ヤッホーブルーイング」の広報さんから、メディア関係者を招待する飲み会「メディア宴」を新橋の「YONA YONA BEER WORKS」で開催するとご招待をいただきました。ありがとうございます。

しかし残念ながら確定申告も終わらないし、平日はいろいろ仕事の締切もあるし、さすがに行けるわけないじゃないですか……。


行けるわけ……


いや、参加しないわけないじゃないですか……!!

年間契約をするほど大好きなヤッホーブルーイングのビールを好きなだけ飲める飲み会なんて、締切をぶっちぎってでも参加しちゃうっしょ!

あ、ちなみにこの日の締切はしっかり守ってます。タダ酒がかかったときの集中力は我ながらすごい。根っからの貧乏性です。ノルマをすべて終わらせた万全の状態で会場入りしました。

Advertisement


会場に入って受付を済ませると、自分のプロフィールを記入する名札と一緒に、早速よなよなエールが一杯提供されました。イベント開始前、乾杯前なのにビール。最高かよ。さすがビール好きの心をガッツリ掴んでます。

名札にはニックネームを書いて、参加者同士の距離を近づけるというのがヤッホーブルーイングのスタイル。昨年秋にガジェット通信で取材に入らせていただいたよなよなエールの「超宴」でもそんな感じでした。


その時はうっかり最低なニックネームを書いてしまったので、今回はまじめに……。


な、まじめだろ? 読み込めないQRコードとか書いたけど。

そしてイベント開始時刻となり、取り急ぎ乾杯! ヤッター!!


乾杯後は「よなよなエール」以外のビールも飲み放題!


「YONA YONA BEAR WORKS」の店舗でしか飲めないビールもたくさん……。これはもう全種類飲むくらいの気持ちで臨むしか!


こちらは大好きな「インドの青鬼」。もちろん生で注いでくれるから最高に沁みる……。全身の細胞が喜びの声を上げている……!

さらにこの日は用意されているフードメニューも食べ放題。ビールに合う料理がいろいろとウマいのも最高なんですよな、この店は。

Advertisement




肉……!! 幸せ……!!



普段はあまり食べないけど、のり塩味のポテトもウマかった……!


なんと終盤には目玉料理である「オーブンチキン」まで登場……!


ぐおおおおっ、なんて贅沢なのだろうか……。

こんな感じで豪華な食事が揃っていたんだけど、ついつい食べ続けてしまったのはビールに使われている麦芽。



こちらは料理として出てきたのではなく、途中で行われたゲームで使われたのですが、ヤッホーのスタッフさんに「食べると結構美味しいですよ」と言われて食べてみてびっくり。噛めば噛むほど甘みが出てくる感じでウマい……!!

よく考えたらビールの原料そのものなのだからビールに合うのも当然だけど、麦芽をそのまま食べる機会なんてないからいい経験になりました。これだけ素材がうまければ、うまいビールができるわけですなぁ~。

Advertisement

イベントの終盤には珍しい熟成ビールの「ハレの日仙人」まで振る舞われるという、これぞまさに大盤振る舞い……!



味は黒ビールとはまた違う香ばしさがあって、どこかフルーティーで繊細な味。楽天とかでも買えるけど高いやつ。まさかこの日飲めるとは……。


そんなこんなで2時間があっという間に過ぎ、「メディア宴」は幕を閉じました。本当に最高でした。2時間しか飲んでいないのにすこぶる酔った。そんな中、ヤッホーの社員さんはみんなこの日の終電で軽井沢まで帰るとのこと。皆さん本当にお疲れさまでした。

ヤッホーブルーイングのビールは美味しいから好きというのもあるんだけど、作ってる人たちの表情が見えるのがとてもいいですな。イベントに参加すると特にそう思えるので、商品そのものを好きな人が参加したらきっとより深く好きになれると思う。

5月18~19日には軽井沢でまたイベント「超宴2019 in 新緑の軽井沢」が開催されるそう。行きたいなあ~。

取り急ぎ「YONA YONA BEER WORKS」とか、ほかにもクラフトビール飲める店とかにいろいろ行きたいんだけど、意外とクラフトビール好きな人って少ないのが問題だ。仲間を増やしていろいろ通いたいぞ。