【思い出】3年前にヘルパーをやった沖縄の思い出のゲストハウス「サボテンスマイル」が閉店してしまった話 | | 健全なホームページ

【思い出】3年前にヘルパーをやった沖縄の思い出のゲストハウス「サボテンスマイル」が閉店してしまった話

【思い出】3年前にヘルパーをやった沖縄の思い出のゲストハウス「サボテンスマイル」が閉店してしまった話

僕がまだフリーランスになって間もなかった頃、全国各地のゲストハウスに安く宿泊して、ダラダラと現地の生活をしながら自分の仕事もするということにハマっていました。パソコンとネット環境があればどこでも仕事できたし、地方の記事ネタとかも拾えたしで一石二鳥な感じだったので。

そうやっていろいろ行ったなかでも、特に印象深かったのは2016年1月から2月にかけて滞在していた沖縄・名護のゲストハウス「サボテンスマイル」。2週間を超える長期滞在だったので、ヘルパーとして宿の業務も手伝うかわりに、メシ付き宿泊費無料というありがたい条件にしていただいてました。

僕はこのときが初沖縄だったのですが、沖縄県内での出張で長期滞在している人もいたりして、沖縄のいろいろな文化に深く触れることができて最高の体験ができました。

その後、2017年の秋に仕事で沖縄に行ったときにはちょっとだけ顔を出すことができたのですが、2018年夏の沖縄旅行で泊まりに行こうと思ったら連絡が繋がらず、どうしたものかと思っていろいろ調べていたら、残念ながら閉店してしまったようなのです。思い出の場所がなくなってしまった。悲しい……。

せっかくなので思い出の写真を記録として残しておきます。人がガッツリ映ってる写真もお構いなしで載せます。もし消してほしい人がいたらすぐ消すので連絡ください。連絡待ってるよ。

サボテンスマイルの思い出


名護バスターミナルからもかなり距離のある、非常に不便な場所にサボテンスマイルはありました。徒歩だと1時間くらいかかったのでは。最寄りのコンビニにも徒歩で40分くらい。


建物も別にきれいじゃありません。



ただ、裏に流れている川は水がめちゃくちゃきれい。



滞在中は晴れの日が少なかったけど(観測史上初の雪が降ったりもした)、たまに晴れた日に洗濯物を干して、川辺でダラダラとコーラを飲んだりするのが至福でした。


そしてヘルパー業務を終えたら屋内に戻ってオリオンビール。夕食の時間までは自由時間になるので、オリオンビールを燃料にして一気に自分の仕事を片付けました。


夕方になったらバーベキューの準備。「サボテンスマイル」は毎日バーベキューの宿ってのをコンセプトにしていたのですごかった。お客さんがいない日も肉を1枚だけ焼いたりして記録を続けていたらしい。晩年の金本みたいだな。


あたくしはトルティーヤの中身を作ったりするのが主なお仕事でした。これうまかったなあ。また作りたいけど、分量はもう忘れてしまった……。


メインディッシュのビールチキンは当時宿主だったヒロさんが丁寧に焼き上げてました。


こんな感じのディナー(プラス焼肉)が連日。重い! 2週間程度の滞在だったわしはまだいいけど、ずっと生活してるスタッフは大変……。


バーベキューは連日いろんな人が集まって大賑わいだった。全国各地から集結したピエロ軍団は翌日美ら海水族館でパフォーマンスをする予定って言ってたな。

バーベキューで印象的だったお客さんは韓国からやってきたサムスンライオンズのファン。ちょうどマリーンズがサムスンからナバーロを獲得したタイミングだったからナバーロ談義で盛り上がった。「ナバーロはいい選手だよ。悔しいけどよろしくな!」なんて感じの話をされたけど、まさかその直後にナバーロが銃弾所持で逮捕されるとは夢にも思わなかったな……。


滞在中にはなんとバーベキュー連続2000日達成という記念すべき日も。調べたら当時ガジェ通で記事も書いてた。懐かしい~!

ただこの日はよりによって宿主が不在という緊急事態。


スタッフのさんちゃんが見よう見まねでビールチキンを焼き上げました。


焼き上がったチキンをあたくしが切り分けましたが、ちょっぴり生っぽかったのは当時は秘密にしておいた。なーに、オリオンビールや泡盛飲んでたら大丈夫だろ。


2000日目に一緒にバーベキューしたのは、沖縄県内から出張で来ていたペンキ屋さん集団。中卒の子がたくさんいて、みんな初々しくてやんちゃで可愛かったな。



ペンキ屋さんは仕事終わりに釣りに行ってカニを拾ってきたり、それをペンキ屋代表のオッチャンが調理したり。でも調理したカニは誰ひとり手を付けず、高円寺から来ていたオッチャンの小泉さんが唯一食べようとしたらひとかじり目で歯を折ったり、なにかと毎日カオスだった。


歯を折った小泉さんはいい感じにポンコツで最高だった。いっぺんだけ東京で飲んだことがあるけど、元気にしてるかなあ。Facebookつながってるから連絡とろうと思えばとれるけど。


小泉さんとはお別れのタイミングで記念写真の撮影を任せて、あとでFacebookに上げると言うので楽しみにしていたら、上がった写真がこれ以上ないほどブレブレだったので引いたのもいい思い出。朝イチなのに泥酔していたかのよう。


あと沖縄では滞在中に日本一早い桜祭りがあり、「サボテンスマイル」の系列の飲食店が屋台を出すということで2日間そちらでもタダ働きしました。


唐揚げとかポテトばかりを延々作っていたので、そのとき履いていたジーパンに油のにおいが染み付いて大変だった。1年は取れなかった気がする。このときのスタッフも会いたいなあ。


せっかくだから祭も楽しみたかったけど、見事に時間がなかったのは残念だった。またいつか行く機会はあるのだろうか。


そんなこんなで迎えた最終日。夜のバーベキューを終えてまったりとしていると……


宿主のヒロさんがサプライズで油淋鶏を作ってくれて感激! メッチャウマかった。しかしやっぱり重いって!


さらにスタッフのさんちゃんと、ペンキ屋の一部メンバーで夜中にカラオケにも行くことに。代表のオッチャンが何度も「野島くん、頑張れよ!」と励ましてくれたのが熱かった。具体的に何を頑張れなのかはよくわかんなかったけど、それでいいじゃあないか。


そしてお別れの日。本当に楽しかったな……。今でもこうしてブログに書けるほど鮮明に思い出せる。


それから約1年半後。偶然にも沖縄での取材が入り、しかも会場が「サボテンスマイル」のある名護市の隣町だったので、初日の予定が全部終わったあとにタクシーで顔を出しに行ったのです。


建物は1年半前とほとんど変わらず、ただバーベキューの連続日数がカウントアップされているだけ。


2000日の瞬間に立ち会っていたから、あれからもう649日も経ったのかと思い出せるのがまたノスタルジックな気分になる。またゆっくり遊びに来ますねと言って宿に戻ったのですが、これがまさか最後になるとはなあ……。

「サボテンスマイル」がなくなってしまうとわかっていたなら、この3年の間にも遊びに行けるタイミングは絶対に作れたはず。やっぱり行きたい場所に行く、やりたいことをやる、会いたい人に会うってのは先送りにしてはいけないな。人間誰もがウンコしたいときにはウンコするわけだし。これからもなるべく便意のような人生を歩んでいきたいぞ。