【カップの麺ぜんぶ食う】第77回 エースコック わかめ油そば ピリ辛ごまラー油仕立て ★3 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第77回 エースコック わかめ油そば ピリ辛ごまラー油仕立て ★3

【カップの麺ぜんぶ食う】第77回 エースコック わかめ油そば ピリ辛ごまラー油仕立て ★3

エースコック わかめ油そば ピリ辛ごまラー油仕立て
調理時間 3分
麺 120g
熱量 662kcal
炭水化物 80.7g
食塩相当量 6.9g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら

泳ぐのをやめたら死んでしまうマグロなのかと思えるほど、呼吸をするかのようなペースで新商品を出し続けているエースコック。わかめラーメンもその対象になりがちで、今回は油そばが登場。


エースコックのわかめラーメンといえばまさにエースコックのエース商品。それの油そばなんて期待せざるを得ませんが、さり気なく麺120gで662kcalというヘビー級のカップ麺であることは見逃せません。大盛りとかそういう表記がフタに一切ないのはちょっと悪意を感じる。ほぼわかめラーメン2個分だぜ?

Advertisement


フタの中身は調味タレ、かやく、スパイスという、王道のわかめラーメンと同じ構成。しかしここにも落とし穴があるので要注意。


かやくを麺とカップの間に入れて熱湯を注がないと、湯切り口にわかめが詰まることがあるそうだ。こんな注意書きはじめて見たわ。


「麺とカップの間に」ってわかりにくいし中島みゆきみたいだけど、つまりはこういうこと。

そして熱湯を注いで3分後。湯切りをするとお湯からわかめのすごくいい匂いが漂ってきました。ペヤングやUFOではなく、お湯を切っているのがわかめラーメンのシリーズだと実感できる瞬間。


フタを開けるとカップのまわりにわかめがベットリ。無事に詰まることなく湯切りできました。


続いてタレを入れていきます。ベースはこれもわかめラーメンと同じなんだろうけど、ピリ辛ごまラー油仕立てということもあって、かなり赤い。だいぶ多めにラー油が入ってそう。


さらにスパイスも投入し、全体をしっかりかき混ぜて完成。混ぜてもこれだけわかめが多く見えるのはさすが。なかなか期待できる見た目じゃないか!


ところが……! ピリ辛仕立てのタレはわかめラーメンのいいところをしっかり押さえているし、麺ともすごく合ってるんだけど、何かちょっとだけ味が物足りない。これだけ大量にわかめが入っているのに、わかめの風味があまり感じられないのです。


これはもしかしたら、湯切りをしたときにわかめの美味しさも一緒に捨ててしまっているのではないだろうか。実際、わかめだけで味付けをする麺とかも作ってみたことがあるけど、ちゃんと味するもんな。わかめを大量にマシマシしてもかなり磯の味が強くなるし。

わかめラーメンはお湯を入れて、湯切りをせずに液体スープを入れるからわかめの味が逃げないけど、湯切りすると逃げちゃう。ここに大きすぎる落とし穴があるように感じました。なんだこの欠陥商品は!

ピリ辛ごまラー油仕立てのタレがうまくて、ボリュームもあるだけに残念。ちょっとした作り方の工夫で改善できそうな気がするだけに惜しいなあ。

評価:★★★