【カップの麺ぜんぶ食う】第95回 みなさまのお墨付き もっちりノンフライ麺 台湾まぜそば ★5 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第95回 みなさまのお墨付き もっちりノンフライ麺 台湾まぜそば ★5

【カップの麺ぜんぶ食う】第95回 みなさまのお墨付き もっちりノンフライ麺 台湾まぜそば ★5

みなさまのお墨付き もっちりノンフライ麺 台湾まぜそば
調理時間 5分
麺 60g
熱量 286kcal
炭水化物 51.7g
食塩相当量 3.8g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら

再び西友のプライベートブランド「みなさまのお墨付き」に魂を震わされる日が来るとは。前に同じシリーズの油そばを食べたときも感動に包まれたんだけど、今回(と次回)はそれを超えてしまった……。


食べたのは新商品・数量限定販売の「台湾まぜそば」。販売価格はたったの95円。激安。

もちろん値段相応な部分もあって、麺の量とかやくは寂しい感じなのは否定できません。でも逆に捉えれば、おやつとして食べるのには最適だし、摂取カロリー量は300kcal未満で済むし、具が少ない分好きなようにアレンジやちょい足しも楽しめる。結構いいことばかりじゃない?

Advertisement


フタの中は液体たれとかやくの2袋という構成。かやくはとにかく少ない。カップ焼きそばでは定番のキャベツが少なく、かわりにニラが入っている関係で余計に少なく見えちゃいますな。


そしてノンフライ麺は量が少ないせいで、なんとびっくり容器の底面が見えてしまっています。スカスカもいいところ。こういうところでコストダウンして、味にステータスを振っているわけです。これは本当に素晴らしい判断。


熱湯を注いで待つこと5分。湯切りをして液体だれを絡めて完成した「台湾まぜそば」がこちら。混ぜたときに具が底の方に行ってしまったのでパット見た感じはもはや麺オンリー。いさぎよさの極み。


しかし麺の食感はやはり油そばとまったく変わらず、生麺のようにもっちりとした食感。マルちゃん正麺やラ王と比べても遜色なし。すごすぎる。

そして素晴らしいのは麺の質感だけでなく、液体だれもびっくりするほどウマい。醤油ベースのタレにピリ辛な要素と魚介系の旨味がこれでもかとばかりに凝縮されてる。台湾まぜそばのベースとして非の打ち所がない感じ。


もうちょっと肉感が欲しい人はひき肉を入れればいいし、卵黄とかネギを足してもいいし、きざみ海苔や削り節をかけてもいい。にんにく感は若干控えめな気はするけど、それはオフィスや学校でも食べやすくていいし、物足りなければにんにくチューブを一絞りすればいいだけ。あまりタレは残らないけど、完食した後の容器にご飯を入れて食べても最高だぜ。

こんなにも素晴らしいカップ麺とまた出会えるなんて幸せです。西友が近所にあってよかった。プライベートブランドがこういうカップ麺を出すことで、大手メーカーも兜の緒を締めて新作を開発するようになるだろうし、業界全体の底上げにつながるはず。そして我々はもっと美味しいカップ麺を食べられるようになるわけです。

カップ麺業界のクオリティを底上げするきっかけとなる、素晴らしい一杯の誕生を祝福します。乾杯!!!

評価:★★★★★