【クソゲー】Nintendo Switch版パワプロを購入するも、あまりにクソすぎて24時間以内にメルカリで転売しました | | 健全なホームページ

【クソゲー】Nintendo Switch版パワプロを購入するも、あまりにクソすぎて24時間以内にメルカリで転売しました

【クソゲー】Nintendo Switch版パワプロを購入するも、あまりにクソすぎて24時間以内にメルカリで転売しました

ついに我が家にもNintendo Switchがやって来ました。やったぜ!!

先日YouTubeの【のじまちゃんねる】で開催したライブ飲み会配信の終盤には、酔っ払った僕がスイッチの箱を抱きかかえながら喋っていたので、やっぱり心の底から嬉しかったのでしょう。

楽天お買い物マラソンでパワプロのスイッチ版を購入

ニンテンドースイッチを購入したとなると当然ソフトが必要になるわけで。

魅力的なソフトがたくさん出ているので何から買うか迷ってしまいますよな。せっかくなのでTwitterでアンケートをしてみました。

アンケートの結果は「本体をメルカリで売るべき」が1位になるという最低な結果に。やはりTwitter民は参考にならん! どうせならいっそ最もオススメされなかった物を買ってやろうということで、スイッチ版のパワプロを買うことにしました。

このタイミングでちょうど楽天お買い物マラソンが開催されていて、6000円ちょっとで購入したのですが1000ポイント以上獲得することもできたため、実質4000円台で新品を購入することができました。

あまりのクソゲーっぷりに24時間でメルカリで転売……

パワプロシリーズを買ったのはPS3版の「パワプロ2016」以来。高校生だった頃からパワプロシリーズは大好きで、パワプロ2016も結構やり込みました。サクセスモードである程度自在に選手を作れるようにもなりましたし、まだまだ遊ぶこともできそうでした。

しかし据え置きゲーム機をプレイする時間をなかなか取れなくなってしまったので、寝っ転がりながらでもプレイできるSwitch版の登場は嬉しい限り。オンライン対戦も楽しそうだし、選手がプレイした動画を見る限り4人同時プレイモードも楽しそう。これはきっと今まで以上にやり込むことになるんじゃないかなと想像するたびにニヤニヤしてしまいました。

それがまさか購入して24時間以内にメルカリで転売することになるとは……。

プレイ開始後数分で「パワプロ2016」よりも明らかに劣化していることがわかり、これはあまりやり込まなさそうと確信。同時にメルカリで相場を調べると5000円台でも販売されていることが確認できました。これなら即転売しても損をしません。

もしまたやりたくなったらそのときに買えばいいし、その頃には相場も間違いなく下がっていると読んで転売を決意。そして無事に5299円でメルカリ転売に成功しました。販売利益は4770円。

収支はほぼトントンくらいですし、それで体験版のないゲームを体験できたと思えばむしろプラス。いいタイミングで手放すことができました。

1時間でわかったスイッチ版パワプロのクソポイント

プレイ時間1時間ちょっとで把握できたSwitch版パワプロのクソゲーポイントをまとめておきますね。比較対象はパワプロ2016になります。

・サクセスモードが2種類しかない

選手を作成できる「サクセスモード」はシナリオが2種類しかありませんでした。パワプロ2016には3種類のシナリオがあり、数分で選手を作れる「サクサクセス」モードも搭載。

内容の面白さ、選手の作りやすさ、1プレイ時間の長さなど、サクセスモードを評価するポイントはほかにもたくさんありますが、ボリュームダウンが1秒でわかるのはひどい。結局一度もプレイしませんでした(再購入したらそれなりにやるとは思うけど)

・応援歌作成モードがない

もっと昔のパワプロにも搭載されていた「応援歌作成モード」もなくなっていました。どうして。

まあ応援歌を作るには音楽センスも必要になるので、ポチポチ入力して応援歌を作成していた人は少ないのかもしれません。でも他の人が作って公開した応援歌を入れることさえできないのは痛い。実際の応援歌と同じ曲が流れるだけでテンションが上がるものなのに。

・ユニフォームの種類が少ない

収録されているユニフォームは各球団ホーム&ビジターの2種類のみ。パワプロ2016には期間限定で着用するユニフォームも律儀に収録されていました。マリーンズでいうとマリンフェスタユニとか、千葉ユニとか。

そこまで重要度は高くないかもしれないけど、これもパッと見て劣化を判断できるのは悲しい。

・オンラインで選手を買えない

他の人がサクセスで作った選手をゲーム内のポイントで購入するシステムも削除。このモードがあれば上手な人が再現してくれた実在選手やマンガの登場人物を入手できて、作れるチームのバリエーションが増えて楽しくなるのに。

・ZOZOマリンにホームランラグーンがない

2019年版の選手データが収録されているのに、球場が2019年仕様になっていないという。春先に発売したソフトならまだしも、シーズン開幕から3ヶ月後に発売したソフトでこれは怠慢と言わざるを得ないのでは。ホームランラグーンのないマリーンズがペナントで勝てるわけないだろ!

SFC版、N64版以来のプレイならオススメ

一瞬にしてこれだけネガティブな要素が目に入ってしまったら、さすがに他の要素にも期待ができません。まさか前作より劣化することはないだろうと信じて、レビューすら読まずに買ってしまったのが失敗でした。

レビューを読む限りだとやっぱり他にもまだまだ残念な要素がたっぷりあるようです。新球種開発機能もないようだし……。アップデートに期待している人も多そうだけど、さすがに前作からの劣化を感じなくなるほどのアプデはないだろうな……。

SFC版やN64版でプレイして以来やっていないという人なら劣化を感じることもないだろうし、最高に楽しめるんじゃないかと思います。あとは対戦で遊ぶ用だと割り切れる人向きかな。

アプデを期待している人たちが手放し始めたら相場がグッと下がってくると思うので、そのときにはまた購入を検討したいと思います。