健全なクラフトビール部始まりました! 第1回活動報告|五反田・神田編 | | 健全なホームページ

健全なクラフトビール部始まりました! 第1回活動報告|五反田・神田編

健全なクラフトビール部始まりました! 第1回活動報告|五反田・神田編

ついに念願だったクラフトビール部の活動が始まりました!

SNSやYouTubeなどで「クラフトビール部を作りたい」と発言し始めたら有志が集まり始め、5人集まった時点で活動開始が決定。勢いに乗って健全なホームページでもメンバー募集をしてみたら、なんとここでたくさんの応募がありました。みんなビール大好きなんだな!

いきなり大所帯で活動開始してもさすがに手に負えなくなりそうだったので、とりあえず最初から手を上げてくれていた5人で1回目の活動をすることにしました(当日は1人病欠で4人になっちゃったけど)

初回に行ったのは五反田のクラフトマン、リオブルーイング、さらに神田に移動してクラフトビアマーケットの3店舗。いきなりハシゴをしまくることになるとは!

1店舗目 五反田・クラフトマン


記念すべき1店舗目は五反田西口にあるクラフトマンという店。オリジナルのビールこそありませんが、日本のビールも海外のビールもたくさん。常時31種類のビールが用意されているというのだからすごい。


TAPがズラリと並んだカウンターは圧巻!


31種類もビールがあると、一人だったら飲み比べセットをフル活用してもコンプリートするのは不可能ですが、4人もいれば気になったビールを味見させてもらえたりできるので最高。複数人で活動しているメリットをすべて自分のために!





クラフトマンのメニュー表には「重い」「軽い」「苦い」などのチャートが用意されているので、種類がたくさんあってもわかりやすいのが素晴らしい。適当にビールを選んで「これよりもっと苦いほうがいいな」と思ったらチャートに従って次を決めればいいのです。



料理はビールに合うメニューがたくさんあったけど、和の素材にこだわってるのが特徴的だったな。この「鮨タパス」はなかなかおもしろかった。米じゃなくてパスタを使った海苔巻き。




ソーセージもごぼうもシイタケもウマかった! ビール飲めない人を連れてきても食事で楽しめそうな素敵なお店でした。

4人で回し飲みと飲み比べセットを駆使していると2時間くらいで「もうひと通り飲んだな」という感じになり(すごいペース)、せっかくなので五反田にある別の店に移動してみることに。

2店舗目 五反田・リオブルーイング


続いては東急池上線の高架下に店舗を構えているリオブルーイングへ。こちらは店内でビールを醸造しているのです。五反田という一等地で。なんて贅沢なビールだ。


もう一店舗くらい出店できそうなスペースを使ってビールを醸造。すげえなあ。


ところがこの日用意されていたオリジナルビールは5種類のみ。31種類用意されている店で「もうひと通り飲んだな」という感想を抱いてしまった我々には少なすぎる。完全に順番を間違えましたね。


とりあえずオーソドックスな4種類を1杯ずつオーダー。種類が少ないからか、冒険をしている味も少ない印象を受けたな。品揃えが豊富な日に来たらどうだったんだろー。


こちらのお店ではクラフトビールと並んでシカゴピザも有名だったらしいのですが、そんなに長い時間飲まなさそうだったし、クラフトマンでそこそこにお腹も満たしていたので回避。サラダをつまみながら4杯を回し飲みして早々に別の店に移動することにしました。

「もっとビールの種類が多い店で締めたいね」ということになって調べた結果、神田まで移動してクラフトビアマーケットという店に入ってみることに決定。仲良く山手線で移動しました。

3店舗目 神田・クラフトビアマーケット

「五反田から神田までは10分もかからない」という情報にまんまと騙され、20分かけてようやくクラフトビアマーケット五反田店に到着。酔っ払いの言うことは信用しちゃだめだな。


こちらもとにかくタップ数が多い! 最高! こういうタイプの店のほうがクラフトビール部の活動には合ってるんだなあ。


ビールは種類が豊富なだけでなく、値段も安い! 3杯飲み比べ980円は非常に優秀です。しかもメニューにはクラフトビール愛好家の間で圧倒的な人気を誇る「うちゅうブルーイング」のビールが3種類も……!

もちろんここでも僕は飲み比べセットで攻めましたが、「うちゅうブルーイング」のビールは飲み比べだと1杯50ml程度に減らされるということで貧乏根性が爆発。とりあえず「うちゅうブルーイング」のビールはブラックホールという種類だけ注文してみました。


ところがどっこい。実際に運ばれてきたビールは「うちゅうブルーイング」のビールも余裕で50ml以上あるじゃありませんか! 素晴らしいサービス!


メンバーの一人は「うちゅうブルーイング」3種の飲み比べで注文していましたが、これが大正解でしたね。味見させてもらいましたがどれも洗練されまくりの味。完成度が高い!


「うちゅうブルーイング」をひと通り味見させていただいた結果、最後の一杯は「うちゅうブルーイング」のMONKという種類に決定。最後の最後で初めてパイントサイズで注文しましたがそれでよかった。“IPAというジャンルの答え”という感じの味だった。6時間に渡ってクラフトビールを飲み歩いた結果、最後に飲んだ一杯がMVP。なんだかこの日だけでかなりクラフトビール経験値を上げられた気がする。


もう僕なんかはお腹いっぱいだったんですが、クラフトビアマーケット神田店ではラム肉料理をプッシュしていて、メンバーにラム肉好きの人がいたこともあって何品か注文。このラム肉の餃子もウマかったな~。

というわけで初回からガッツリとビールばかりを飲み歩くことができて最高の夜を過ごすことができました。店のチョイスもよかったし、なによりクラフトビール部を立ち上げてよかった。今後も月1回を目標に活動を続けていきたいと思います。

引き続きゆるりとメンバーを募集していこうと思いますので、興味のある方はお気軽に下のフォームからお申し込みくださいね。