【カップの麺ぜんぶ食う】第134回 エースコック 一度は食べたい名店の味 東京・池袋本店 麺処 花田 濃厚辛味噌ラーメン ★5 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第134回 エースコック 一度は食べたい名店の味 東京・池袋本店 麺処 花田 濃厚辛味噌ラーメン ★5

【カップの麺ぜんぶ食う】第134回 エースコック 一度は食べたい名店の味 東京・池袋本店 麺処 花田 濃厚辛味噌ラーメン ★5

エースコック 一度は食べたい名店の味
東京・池袋本店 麺処 花田 濃厚辛味噌ラーメン
調理時間 5分
麺 70g
熱量 380kcal
炭水化物 58.6g
塩分相当量 6.3g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら

「カップの麺ぜんぶ食う」のなかで残念ながら最もコンスタントに低評価を叩き出してしまっているのがエースコックのカップ麺。例外もあるものの、基本的に使用されている麺は“ザ・フライ麺”という感じで、生麺との差をガシガシと詰めている他社製品と比べると遅れを取ってしまっている感は否めません。

この麺はこの麺でカップ焼きそばやまぜそばなどのジャンク系とは抜群の相性を発揮するのですが、繊細な味が求められるジャンルとはどうにも相性が悪いのです。


そんななか今回手にとったのは一度は食べたい名店の味シリーズから麺処花田の濃厚辛味噌ラーメン。バカレシピバーから帰ってきてシメのラーメンとしていただきました。

麺処花田は池袋の店らしいけど全然知らなかったな。なので再現度は評価のしようがないので、純粋なおいしさを評価していきます。

Advertisement


フタを開けると粉末スープまみれになった液体スープが1袋。粉末まみれになった小袋を持つだけで手が汚れるので早くもこの時点でマイナス評価。かやくはキャベツとメンマが目立っていますね。量はそれなりにあります。

あとやっぱり麺はエースコック独特のフライ麺。なかなかの太麺です。


熱湯を注いで5分待ち、液体スープを入れてかき混ぜて完成。スープは確かに濃厚そうではあります。


申し訳ありませんがほとんど期待ゼロの状態でひとっぱし。……あれ? これ、かなりイケてるぞ……!

ただただ味が濃い「濃厚辛味噌スープ」は悪く言ってしまえばなんとも下品で雑な味。しかしゴワゴワとした食感でジャンク感のあふれるエースコック独特の麺がこのスープとガッチリと合うのです。とにかくパワープレイで味覚を揺さぶってくる味。そうか、ガツンとくる味とはこういう味のことをいうのか……!!


それだけゴリゴリジャンク系な味噌ラーメンなのに、食べ進めているとたまに口の中に飛び込んでくるタマネギの存在も憎らしい。思わず「あっ……♥」って声が漏れてしまう。その一瞬だけフワッとタマネギの甘味と辛味が口の中で存在を主張するのです。この感じ、とてもいい。

結局最後の一本一滴までおいしくいただいてしまった。今回ばかりはエースコックの完全勝利。ジャイアンなら「エースコックのくせに生意気だ!」と嫉妬すること間違いなし。濃厚な味噌ラーメンってワイルドでジャンクな食べ物だったんだと気付かせてくれる一杯でした。

評価:★★★★★