【カップの麺ぜんぶ食う】第132回 日清食品 焼そばU.F.O. 濃い濃いわさび ★4 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第132回 日清食品 焼そばU.F.O. 濃い濃いわさび ★4

【カップの麺ぜんぶ食う】第132回 日清食品 焼そばU.F.O. 濃い濃いわさび ★4

日清食品 焼そばU.F.O. 濃い濃いわさび
調理時間 3分
麺 90g
熱量 511kcal
炭水化物 69.5g
食塩相当量 4.9g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら

ちょっと前に発売されてたU.F.O.の新商品。ちょっと前だから新商品ではないか。もうね、U.F.O.もどん兵衛もカップヌードルも新商品が多すぎてとても追いきれないですぞ。


次々に畳み掛けてくる新商品ラッシュの中でも、手堅く置きにきた印象が強いのがこちらの「U.F.O. 濃い濃いわさび」。要は焼きそばにわさびをトッピングというだけなのだから、味の想像はしやすいし、逆に失敗する想像はしにくい。

Advertisement


フタの中には液体ソースとわさびマヨネーズとふりかけの3袋。かやくは開封済みで、麺の底に入れてあるのでパッと見た感じは寂しく見えますね。


熱湯を注いで3分後に湯切り。ソースをかけて混ぜるところまではレギュラーのU.F.O.と同じ。ソースもたぶんベースは同じで、とりあえずわさびの要素はまったく加えられていません。ただ気になるのはかやくの量。いつものU.F.O.よりキャベツがちょっぴり少ない気がするし、肉っ気がないのも寂しい。


そこにわさびマヨネーズとふりかけをかけて完成です。ふりかけは市販されているわさびふりかけとは異なり、わさびふりかけのツーンとする部分と刻み海苔だけで構成されてました。


いざ実食。食べる前にはもちろん全体をかき混ぜるのですが、マヨネーズもふりかけも混ざると見た目で存在がわからなくなるのはちょっぴり残念。ただ具が少なくなったいつものU.F.O.という感じ。

ただもちろん味はわさび風味。これが実にちょうどいい。チューブのわさびやわさびソースを使わず、わさびマヨネーズをベースに味付けしているので口当たりはとてもなめらか。ゆえにわさびの強烈なインパクトこそないんだけど、わさびを使って実にいい味にまとめているという感じ。無難にうまい。

ただし、あくまでも“無難”にうまいのであって、具が少ないことやふりかけがシンプルなことはマイナス要素。どうしても食感が単調になってしまって、一口目にピークが来てしまう感じ。


いつもカップの麺ぜんぶ食うではプレーンの状態で食べ切るようにしているんだけど、今回ばかりは我慢できなかった。追加で市販のわさびふりかけを投入。

わさびの辛さと刺激だけでなく、乾燥おかかや胡麻の食感がプラスされ、ひと振りするだけで完成度が大幅アップ。ナメック星の最長老様がクリリンと孫悟飯に軽く触れて潜在能力をグーンと引き出したように、ほんのひと振りでU.F.O.濃い濃いわさびを完全体に整えることができました。

たったのひと振りでこんなにも味の印象が上がるんだから、どうせならデフォルトの段階でもうちょっと頑張ってほしかったなと感じざるを得ない。潜在能力が高いだけに惜しい。未完の大器という感じの一杯でした。

評価:★★★★