【カップの麺ぜんぶ食う】第148回 東京拉麺 焼そばしんちゃん ★4 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第148回 東京拉麺 焼そばしんちゃん ★4

【カップの麺ぜんぶ食う】第148回 東京拉麺 焼そばしんちゃん ★4

東京拉麺 焼そばしんちゃん
調理時間 3分
麺 32g
熱量 165kcal
炭水化物 24.5g
食塩相当量 2.0g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら

2019年の「カップの麺ぜんぶ食う」の123個目。一年の締めくくりに選んだカップ麺は東京拉麺の「焼そばしんちゃん」でした。見ての通り駄菓子ですが、駄菓子だって立派なカップ麺。見くびってはいけない。


実際に同じ東京ラーメンのペペロンチーノはナメてかかったら星5つをつけるようなクオリティだったの。これはもう期待せざるを得ない。

Advertisement


ビニールの包装をはがすと……出た! 昔のペヤングと同じスタイルのプラ容器! 油断をして湯切りをすると麺がシンクにダイブしちゃうやつ。湯切りの際には最新の注意を払わなければなりませんな。


http://bipblog.com/archives/4545979.html


カップの中は液体ソースとふりかけという潔すぎる構成。ふりかけも青のり+白ごま+黒ごまなので、キャベツなどのかやくっぽいものは一切なし。このあたりはさすが駄菓子。最近話題になってる具なしペヤングの「ヨシモリ ボンビー焼そば」の先駆け的な存在なのかもわかりません。


慎重に湯切りをしてソースとふりかけを混ぜるとこんな仕上がりに。麺量はわずか32グラム。大盛りペヤングと同じような感覚で食べちゃったら一口でなくなっちゃうよ。


肝心の味ですが、これがまた悔しいほどいい味してるのよ。ソースの味のなかには酸味とフルーティーな甘味も感じられるし、ごまのガリガリとした食感もナイスなアクセント。普通のカップ焼きそばのサイズだったらふりかけにごまが入っている程度じゃ何の足しにもならないだろうけど、この商品なら麺が少ないから少量のごまでも十分。麺だけが無駄に多くて単調なカップ焼きそばとかまぜそばよりよっぽど満足感があるよ。

カップ焼きそばって1個のボリュームがあるからなかなか間食としては食べにくいけど、このサイズならアリだよなあ。一口だけ焼きそばを食べたいときには最高のカップ焼きそばといっても過言ではないかもしれない。

所詮駄菓子と侮るなかれ。さすがに満点をあげるのはどうかと思うので星4つにしたけど、「お椀で食べるどん兵衛」とかと同じ物差しで評価してもいいカップ焼きそばでした。

評価:★★★★