【カップの麺ぜんぶ食う】第172回 日清食品 焼そばU.F.O. 極太 濃い濃い黒胡椒 横浜家系まぜそば ★4 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第172回 日清食品 焼そばU.F.O. 極太 濃い濃い黒胡椒 横浜家系まぜそば ★4

【カップの麺ぜんぶ食う】第172回 日清食品 焼そばU.F.O. 極太 濃い濃い黒胡椒 横浜家系まぜそば ★4

日清食品 焼そばU.F.O. 極太 濃い濃い黒胡椒 横浜家系まぜそば
調理時間 5分
麺 130g
熱量 705kcal
炭水化物 90.9g
食塩相当量 6.0g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2019はこちら

日清焼そばU.F.O.の太麺シリーズから横浜家系まぜそばが登場していましたよ。焼きそばなのにまぜそば。もうなにがなんだか。


そして横浜家系まぜそばで黒胡椒っていう設定もボヤッとしている気がしてしまいます。なんとなくウマそうだけどどんな食べ物なのかはハッキリわからないってかんじ。小泉進次郎みたいなカップ麺だな。ハッキリわかるのはボリューム満点ということ。極太麺が130グラム。

ちなみに家系ラーメンといえば僕は高田馬場の千代作が大好きでした。千代作には油そばがあったけど、それは大好きだったなー。特に家系ラーメンに寄せていない、王道の油そばだった。

Advertisement


開封すると液体だれと黒胡椒ふりかけの2袋。焼きそばじゃないから「液体ソース」じゃないんですな。そしてU.F.O.にしては太い麺がドーンと。かやくは麺の下に敷かれています。


熱湯を注いで5分で湯切りし、混ぜるものを混ぜたら完成。黒胡椒はかなり粗挽きでいいですね。ガリガリと粒をかじる食感があるタイプ。あたくしはまぜそばや油そばには黒胡椒を入れるのが好きなんですが、やっぱり粗挽きの黒胡椒のほうが圧倒的にウマい。


食べてみると予想通り「家系……なのかな?」という印象を持ってしまいましたが、純粋にカップまぜそばの味付けとしては悪くない。かやくはキャベツと肉がちょっとしか入ってないんだけど、やっぱり粗挽き黒胡椒の食感がいいアクセントになっていて、不思議と寂しさは感じません。やはり黒胡椒は偉大だな! 黒胡椒に栄光あれ!!! ほんと、個人的な好みというだけかもしれないけど!


もちろんU.F.O.の麺は太さが変わってもそのクオリティの高さは変わらず。安心安定安全のU.F.O.ブランドです。130gも麺があると味が単調だったり、具が少なかったりするとすぐに飽きちゃうものだけど、これはペロペロペロリと一気に食べ切ってしまった。U.F.O.ブランドの底力というか、強引なパワープレイを食らったような感じですね。満足度は高め!

まあ「横浜家系」という看板に期待しちゃうと「んだよこれ!」とブチギレる人が出てきてもおかしくない気もしますが、家系に寄せたいなら焼き海苔とかほうれん草あたりをトッピングすると雰囲気が出るかもしれない。そのまま食べちゃったけど、酢とかラー油とか混ぜたり、お好みのアレンジをするのにも適してる味付けだと思いますな。

評価:★★★★