【カップの麺ぜんぶ食う】第205回 サンヨー食品 岩下の新生姜味 塩焼そば ★2 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第205回 サンヨー食品 岩下の新生姜味 塩焼そば ★2

【カップの麺ぜんぶ食う】第205回 サンヨー食品 岩下の新生姜味 塩焼そば ★2

サンヨー食品 岩下の新生姜味 塩焼そば
調理時間 3分
麺 85g
熱量 474kcal
炭水化物 54.4g
食塩相当量 4.0g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2019はこちら

サンヨー食品と岩下の新生姜のコラボカップ焼きそばですって!

最近岩下社長はすっかり熱狂的マリーンズファンと化してますし、個人的には岩下の新生姜の評価が爆上がり中。そんなこともあって親近感の湧いてくる、応援したくなってくるカップ麺です。


まあそんな事情は置いておいたとしても、生姜といえば焼きそばトッピングの絶対的エースですからね。カップ焼きそばとも合わないわけがない。もう、期待しかないでしょ!

Advertisement


容器の中には液体ソースと調味油の小袋。かやくは麺の上に開封済みでした。中途半端に乾燥新生姜などは入れず、かやくはキャベツのみ。「新生姜を入れるともっと美味しい!」とのことですから、入れたい人は別途購入しろということのようです。

麺はカップ焼きそばにしてはやや細めですかね。


熱湯を入れて3分後に湯切りし、もろもろ混ぜると麺はほんのりピンク色に。新生姜のさわやかな香りも漂ってきました。

味は新生姜風味の塩焼きそばとのことでしたが、食べてみるとそのまんま岩下の新生姜味。完全に塩が新生姜味にかき消されています。

その新生姜味の再現度はまあ高いのかもしれないけど……なんかこれはちょっと違う気がするぞ……?


岩下の新生姜とか紅生姜が焼きそばに合うのは言わずもがなだけど、完全に新生姜味に染まってしまった焼きそばが美味しいのかというと決してそうではない気がする。

ウマい焼きそばに新生姜を添えるから双方が映えるのであって、そのバランスが激しく崩壊している気がしてならない……!


かやくはキャベツしか入っていないし、麺は細めで存在感が薄いし、しかも味はソース味でも塩味でもなく新生姜の味なので、食べてて「俺は今何を食べているんだろう……」という気になってきてしまうよ。


ちなみに今回は「焼きそば専用 岩下の新生姜」なるものも入手していたので、途中でこちらも添えて食べてみました。

するとまあ確かにシャキシャキ食感が増してウマくはなるんですよ。でもそれって結局は岩下の新生姜そのものがウマいってことだからなあ。


今回食べてみて強く思ったのは、岩下の新生姜味の焼きそばを食べるよりは、岩下の新生姜が合う焼きそばに新生姜を適量添えるのが正解だったということ。

それこそペヤングとかに岩下の新生姜を添える方が遥かに幸せを感じられると思う。岩下の新生姜はきっと脇役だからこそ輝くのでしょう。井端とか宮本慎也は名選手だけど、4番バッターにはなれないもんな。

岩下の新生姜の味が大好きな人ならこのカップ焼きそばも「ウマイ!!」って大喜びするんだろうけど、きっとその人には岩下の新生姜をそのまま食べさせた方がもっと大喜びすると思う。

岩下社長がマリーンズファンだからといって忖度はなしよ。好きな焼きそばに好きなだけ岩下の新生姜を添えて食べましょうね。

評価:★★