【カップの麺ぜんぶ食う】第211回 エースコック 塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし ★3 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第211回 エースコック 塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし ★3

【カップの麺ぜんぶ食う】第211回 エースコック 塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし ★3

エースコック 塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし
調理時間 4分
麺 85g
熱量 397kcal
炭水化物 62.5g
食塩相当量 4.8g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2019はこちら

エースコックの新食感カップ焼きそば「モッチッチ」シリーズの塩焼きそばをいただきました。カップの麺ぜんぶ食うを始めてからははじめて食べますが、前に食べたときはすごく印象がよかった気がする。ただソース焼きそばの方は星2つのシビアな評価をつけてるな……。

【カップの麺ぜんぶ食う】第31回 エースコック 新食感焼そば モッチッチ ★2


そんなモッチッチシリーズは定期的にマイナーチェンジを繰り返しているようで、結局塩焼きそばの方もフラットな気分で食べられそう。カップ焼きそばにしては珍しい縦長の容器でござーます。

Advertisement


容器の中には液体ソースとふりかけの2袋。熱湯を注いで4分でできあがりです。


ソースを混ぜてふりかけをかけるとこんな感じに。塩焼きそばだから仕方がないのですが、色もついていないし麺はグチャッとしてるように見えるし、正直見た目は全然ウマそうじゃないな……。

ところが食べてみるとやはり麺の食感はほかのカップ焼きそばとは別物。フライ麺のカップ焼きそばとは繊細さが全然違うし、ノンフライ麺のカップ焼きそばともまた違う。

生麺の焼きそばと比較してみると、確かにモッチッチが最も近い位置にいるような気もしてくる。うむうむ、麺はとても美味しい!


しかし惜しかったのは塩味の主張の薄さ。感覚としてはバーベキューで作った焼きそばのソースのかかっていない部分を食べているかのようでした。味が単純に薄いのか、麺の存在感が強いのかわからないけど、麺の質がいいからこそ余計にそう感じちゃう。

具はキャベツとにんじんが多めで肉っ気はなし。縦型容器で混ぜにくいから具が底の方に沈みやすいし、キャベツの甘味とかは適度に出ているから余計に塩味の存在感が薄れちゃう。いろいろもったいないなー。

家で食べるときは塩コショウとかガーリックパウダーあたりを一振りするだけで印象がガラリと変わりそう。もしかしたらターゲットを女子に向けているのかもしれないけど、いつものエースコックらしいジャンクな感じのモッチッチが出たらもしかしたら革命が起きるかもしれないですな。

秘めたポテンシャルは間違いなく高い一品でした。

評価:★★★