【恐怖】あなたは清瀬市の闇を知っているか? 元とんかつ店の店頭に掲示された憎しみのメッセージ「警察が犯人を応援する」 | | 健全なホームページ

【恐怖】あなたは清瀬市の闇を知っているか? 元とんかつ店の店頭に掲示された憎しみのメッセージ「警察が犯人を応援する」

【恐怖】あなたは清瀬市の闇を知っているか? 元とんかつ店の店頭に掲示された憎しみのメッセージ「警察が犯人を応援する」

緑と畑と牛に囲まれた東京と埼玉の県境の街・清瀬市。どこを歩いていてものどかで平和ボケしている感さえ漂っている素敵な街なのですが、清瀬の南の果になんとも過激で恐怖を感じる場所があります。


その場所とは清瀬市松山・小金井街道沿いにある「とんかつ たみ」。現在は閉店してしまっているようですが、食べログを見ると少なくとも2009年までは営業していたみたい。

しかし食べログに寄せられた唯一の口コミを見ると評価は実に微妙……。

外観汚い&店内汚い&料理の味も質も低い&値段がふつうどおり取る。

清瀬の商工会共通商品券が使える、という取り扱い店舗一覧に載っていたので行ってみたら・・・「使えない」との事。

昼時に行ったらおじさん二人日本酒を飲んでいる。おいおい(笑)。

座敷の席、ひとつは家の雑貨みたいなもので埋まっており客は座れない。

ロースとんかつ定食は¥1000。「意外と味は・・・」を期待したがそれも外された。
肉はスーパーの肉、パン粉も家庭用、衣も・・・カラっとしていない。
ご飯も美味しくないし、お味噌汁も当然。

お腹をこわさなかったのがせめてもの救い。

https://tabelog.com/tokyo/A1328/A132803/13090695/dtlrvwlst/B118310195/

この口コミを読む限りは11年前の時点でも繁盛していたわけではなさそうだし、店が潰れて外観がこんな感じになってしまうのもまあ仕方がないでしょう。


まあこんな感じで閉店してそのまま時間が止まったようになってしまっている店って小金井街道沿いにはほかにもいくつかあって特別珍しいものではありません。ですが、この「とんかつ たみ」はよく見るとなんだか物々しい雰囲気なんですよね。


おそらくかつてはメニューなどが貼られていたであろうスペースに、謎のメッセージが筆でなぐり書きされているのです。「警察が犯人を応援する」というインパクトの強い張り紙に隠れて全体はよく読めませんが、文字からは犯人に対しての強い憎しみが感じられます。

小金井街道を車で走っていても確認できるので、近所を走行する人ならなんとなく知っているという人も多いかもしれませんね。ところがこのメッセージはまだ続きがありました。


「とんかつ たみ」には裏口もあるのです。そちらにも怒りに満ちたメッセージがたくさん掲示されていました。


裏口のメッセージも詳しくはわかりませんが、犯人と適切に対処してくれない警察に対しての怒りが感じられます。「令和元年6月」とも書かれているので、何やら割と最近の出来事のようです。


店舗の横にも同様にメッセージが。RPGで花壇の真ん中に植えられていそうな木の立て札には「令和2年2月自転車の空気抜かれる 前後両車 道路に自転車 なぜこの自転車」と書かれていることが確認できました。建物の前に駐輪しておいた自転車の空気を誰かに抜かれてしまったということでしょうか。


その上にベタベタと貼られているメッセージには

「平成25年10月13日わらえもん夫婦知人〜」
「平成25年10月16日清瀬高校通り現金200万円」
「オレオレの詐欺事件の犯人 わらえもん店夫婦と現金受取人 男性 田村です」
「指名わらえもん店夫婦と、現金受取人男性田村を犯人です「なぜ」」
「令和2年3月警察に電話する人いない、今もいない」
「令和元年6月犯人が電話して警察指示で警察官5名被害社宅来る」

などと記されています。これらのメッセージから推測するに「平成25年頃にオレオレ詐欺に巻き込まれたが警察は動いてくれない」「犯人はわらえもん店夫婦と現金受取人男性田村だとわかっている」ということなのではないでしょうか。

オレオレ詐欺の被害を受け、犯人はわかっているのに警察は動いてくれず、さらに店頭では自転車の空気を抜かれる。これが真実であれば怒りの主張をしたくなるのは当然でもありますし、警察が犯人を応援するとも感じてしまうでしょう。

で、気になってくるのは犯人として名指しされている「わらえもん店夫婦」なのですが、この答えを知るとこの一連のメッセージが余計に恐怖に感じられます。


この「わらえもん」とは「とんかつ たみ」の隣にある居酒屋のことなのです。オレオレ詐欺の犯人が隣の居酒屋の夫婦だと断定し、平成25年(2013年)から7年に渡ってメッセージで訴えかけ続けているのです……! 恐ろしい!!

「わらえもん」は現在も営業中のようですし、「とんかつ たみ」も営業こそしていないものの住居として住んでいるようでした。営業中の店舗の横で名指しで詐欺の犯人だと書かれたらたまったものではないですし、営業妨害にもあたるでしょう。

7年もの期間があればおそらく話し合いの場を持つこともあったはず。それでも現在もメッセージが掲示され続けているんだから、きっともはや和解するすべはないんだろうなあ……。日本でよく聞く隣人トラブルのとびっきり過激なものを目にしてしまった気分です。

いったいこの2軒の間には何があったのか。「わらえもん」はGoogleでの評価がいい感じだったし、今度飲みに行って隙あらば話を聞いてみようかな……。

なんにせよ清瀬の街には怒りも憎しみも似合いませんのでね。「とんかつ たみ」の店頭ではメダカが飼育されていましたし、憎しみに満ちたメッセージを書きなぐっている「とんかつ たみ」の人もきっと本来は心優しい人なのでしょう。いつの日か物々しいメッセージが店頭からなくなることを願っております。

※本記事は「とんかつ たみ」店頭のメッセージから推測できることを記しただけであり、オレオレ詐欺や自転車の空気抜きなどが事実だったと伝えるものではありません


↑これもある意味清瀬市の闇。清瀬市のカズちゃん。