【9/2〜9/4】2泊3日の弾丸日程で宮古島に旅行してきました【ざっと振り返り旅行記】 | | 健全なホームページ

【9/2〜9/4】2泊3日の弾丸日程で宮古島に旅行してきました【ざっと振り返り旅行記】

【9/2〜9/4】2泊3日の弾丸日程で宮古島に旅行してきました【ざっと振り返り旅行記】

9月2日から9月4日までひっそりと2泊3日の弾丸日程で沖縄の宮古島まで旅行してきてました。いやー、大変だった。やっとこさ行けたっていう感じでした。

というのも、本当は4月に行く予定を立てて早い段階から飛行機も宿も予約していたんだけど、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて飛行機が欠航に。

そこからゴールデンウィーク明けくらいに新規感染者の波が落ち着き、緊急事態宣言も解除されたのを受けて9月に飛行機を予約したらいわゆる第2波が到来。それからはずっと行けるかどうか、行けるとしても行ってもいいのかどうかを悩む日々。

8月終わりには第2波が落ち着き始めたのを受け、気をつけながら行くことを決心するも、今度は台風9号の発生で出発の日の飛行機が欠航に……。

なんとか翌日に他の便(直行便から那覇経由になった)を予約できたのですが、海外サイト経由で安くチケットを買っていたので手続きもバタバタ。日程も1日短くなってしまったし、もー、出発する前に疲れ果ててしまいましたわ!!


しかしそんな疲れも宮古島の美しい海を見たら一瞬で吹き飛んでしまいましたね。なんくるないさのイーヤーサーサーですわ!

宮古島はどこに行っても自然がいっぱい。今回が初めての宮古島でしたが、本当にいい場所ですねえ〜!


お留守番になってしまった猫のマャーちゃんはTシャツで連れて行ってあげました。前浜ビーチは絶景ニャー!

今回の旅行ではシュノーケルが最大の目的だったのですが、初日は到着が午後3時すぎだったのでさすがにチャプチャプするのは難しいところ。なので初日はレンタカーでいろいろな観光スポットを回ってみました。

まずは来間大橋を渡って来間島に行き、「あおそらパーラー」でスムージーをゲット。


キンキンに冷えてやがるスムージーを片手に「竜宮城展望台」へ。



展望台は3階建てくらいだったんだけど、崖の上に立っているので来間島全体を見渡せるし、前浜ビーチも見えるし、これまた絶景!

続いて来間島にある「猫の舌ビーチ」に立ち寄ってみたのですが、これがなかなか穴場な感じでよかったですねえ。


台風が去った直後ということもあって前浜ビーチは水が少し濁っているようにも感じたんだけど、猫の舌ビーチはスマホのカメラでも伝わる透明度!


振り返ると後ろは断崖絶壁の崖。広い場所ではないけどこの秘境感が最高に良かったなあ。今回は立ち寄っただけだけど、次があればぜひシュノーケルもしてみたい。

そして車を走らせて伊良部大橋から伊良部島・下地島へ。


伊良部大橋を渡る前に駐車場に車を停め、記念写真とドラクエウォークのお土産をゲット。こんな場所にお土産スポットを設定する開発陣は鬼畜ですな。


この時点でだいぶ日が傾き始めてしまっていたので海の色があまり青く見えなかったのは残念。これもまた次ですな!


あとこれも宮古島ならでは。ヤシガニの“動物注意”の看板があったので記念撮影。


伊良部大橋を渡ると「宮古島まもる君」もいました。もちろん記念撮影。

まもる君は思ってた以上にいろんな場所で飲酒運転撲滅を訴えてたな。小学校の前でも訴えているのは飲酒運転撲滅。小学生に向けてのメッセージじゃないんだな。


伊良部島・下地島に入るとさらに自然がいっぱいに。手つかずの土地がたくさんありました。下地島空港ができたことだし、これからどんどんリゾート開発されていくのかしら……?

そんなことを思いながら車を走らせ、向かった先は下地島空港の先にある「17END」と呼ばれる場所。干潮時の海や、飛行機が着陸するのを真下から眺めたりできることで人気の観光スポットらしいのですが、日没時もすごかった!


17ENDは下地島の西端。水平線に太陽がゆっくり沈んでいく景色はあまりにも雄大で、いつまでも眺めていられそうだったなあ。実際にはこの時点で宿からチェックインの催促があって全然ゆっくりできなかったけど!

しかもよりによってこの日予約したホテルは宮古島の東端。頑張っても1時間近くかかります。途中繁華街で夜メシをサクッと食べてから宿に向かうことにしました。


夜メシはいろいろ悩んだ末、多良間牛を使ったハンバーガーが大人気の「ダグズバーガー」で食べることに。ミーハー感があるけど仕方がない。まだ街がコロナで元気がないのか、台風が過ぎ去った直後だからなのか、結構いろいろな店が閉まっていて選択肢が少なかったのです。



しかしまあ人気があるだけあってバッチリウマかった! 特に秀逸だったのは特大のオニオンリング。和風だしを味付けに使っているのがもう絶妙でした。結果的に行けて本当によかったですよ。東京にも店ができたりしないかなぁ。

 

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3