【カップの麺ぜんぶ食う】第174回 日清食品 セブン&アイプレミアム 鳴龍 汁なし担々麺 ★3 | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第174回 日清食品 セブン&アイプレミアム 鳴龍 汁なし担々麺 ★3

【カップの麺ぜんぶ食う】第174回 日清食品 セブン&アイプレミアム 鳴龍 汁なし担々麺 ★3
0

日清食品 セブン&アイプレミアム 鳴龍 汁なし担々麺
調理時間 5分
麺 90g
熱量 601kcal
炭水化物 74.6g
食塩相当量 4.8g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2019はこちら

セブンイレブンで売ってる、東京・大塚の鳴龍とのコラボカップ麺。今回は汁なし担々麺ですが、前に食べた担々麺はぶっちぎりでウマかった。ゴマ味が濃厚で、担々麺のカップラーメンの最高峰といっても過言ではないレベル。カップ麺オブ・ザ・イヤー2019の優勝候補だったな。


そんな鳴龍コラボの新作とあれば全力で期待しちゃうでしょ。汁なし担々麺自体がそうそう失敗しないジャンルですしね。お腹ペッコペコで迎え撃ちました。

Advertisement


フタの中には液体だれ、ふりかけ、かやくの3袋。かやくはゴロゴロと肉が入っていていい感じです。ねこのマャーちゃんもたまらず覗き見してきました。落ち着け、これはキャットフードじゃないからな。


麺はやや細めのノンフライ麺。こりゃあウマそうだ。セブン&アイプレミアムの商品ですが、製造しているのは日清食品なので「ラ王」などのDNAも入っているのでしょう。ガンガンズンズングングン上昇していく期待。満点に向かってフルパワー!


熱湯を注いで5分後に湯切りし、液体だれを混ぜてみると意外とラー油の割合が高かったですね。オイリーでシャビシャビな感じになりました。前作はだいぶドロリとした担々麺だったので、ちょっと思っていたのとは違う仕上がりに。ふりかけの中身はフライドオニオン、ごま、パセリが中心。


そして麺をズイズイっと口に運んでみると、パンパンに膨れ上がっていた期待は少しずつしぼんでいってしまいました。ラー油の辛さはそこまでではないんだけど、それが災いしたのか油っぽさばかりが気になってしまうのです。まるで7回の表にボコボコに点を取られて、用意していたジェット風船がどんどんしぼんでいってしまうが如し。やけくそになって回の途中でピューッと飛ばしてしまうほどではないんだけども。


麺は前作よりも好きなタイプだったけど意外と肉やフライドオニオンの存在感が薄いし、麺が油っぽくなるからツルツルっと一気に食べれちゃうのも相まって、あっという間に食べ終えちゃうし物足りなさも感じちゃう。麺の量は90gだから別に少ないわけじゃないんだけどね。太って見えるのに実際は痩せてる人みたいな感じ?

とはいえ味は繊細だし、クオリティは高いほうだとと思うけど、値段も考えるとやはりちょっぴり物足りない。どうせだったらフライドオニオンあたりをもっとガッツリ入れて食感をジャンクな感じに寄せたら満足度が違ってきた気がする。

評価:★★★

 

0