【カップの麺ぜんぶ食う】第287回 サンヨー食品 麺屋 翔 監修 香彩鶏だし塩らーめん ★4 | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第287回 サンヨー食品 麺屋 翔 監修 香彩鶏だし塩らーめん ★4

【カップの麺ぜんぶ食う】第287回 サンヨー食品 麺屋 翔 監修 香彩鶏だし塩らーめん ★4
0

サンヨー食品 麺屋 翔 監修 香彩鶏だし塩らーめん
調理時間 3分
麺 70g
熱量 426kcal
炭水化物 52.3g
食塩相当量 6.9g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2019はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2020はこちら

新宿のラーメン屋「麺屋 翔」監修のカップ麺を食べてみました。こちら、実店舗では食べたことがないんだけど、ラーメンライターの井手隊長が絶賛していたので気になっていたのですよ。


過去にも発売されている商品と比べ、今作は丸鶏だしが2倍になっているそう。

Advertisement


容器の中には粉末スープとかやくが開封済み。フタの上に仕上げの調味油がついていました。


熱湯を注いで3分でできあがり。食べてみると丸鶏だしが2倍になったという塩スープの繊細さにびっくり! 鶏だしのまろやかな口当たりが印象的で、コクもすごく深いし、塩ラーメンなのにしょっぱさが気にならない!


粉末スープと調味油だけでこの深い味を表現できるのはすごいなあ。井手隊長も絶賛するわけだ。なんというかカップラーメンで食べるのがもったいないレベル。5杯分くらいのスープを集めてちゃんこ鍋とか作りたくなる味。


その一方、スープとかやくはこれといったインパクトはないかなあ。鶏団子はまあまあいい味がついてるけど、この秀逸なスープを受け止めるには麺があまりにも心もとない。

本物にかなり寄せたであろうスープだからこそ、せめて生麺に近い食感のノンフライ麺を採用してほしかったなあ。もったいない!

評価:★★★★

 

0