【カップの麺ぜんぶ食う】第335回 寿がきや 全国麺めぐり 岡山笠岡ラーメン ★4 | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第335回 寿がきや 全国麺めぐり 岡山笠岡ラーメン ★4

        【カップの麺ぜんぶ食う】第335回 寿がきや 全国麺めぐり 岡山笠岡ラーメン ★4
+1

寿がきや 全国麺めぐり 岡山笠岡ラーメン
調理時間 4分
麺 65g
熱量 395kcal
炭水化物 51.2g
食塩相当量 7.8g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2019はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2020はこちら

もっと食べたやつをブログに書き残していきたいのにペースダウンが甚だしい。もっとサクッと書いていくぞ!

というわけで寿がきやのご当地ラーメンシリーズ「全国麺めぐり」の岡山笠岡ラーメンを食べてみましたよ。


岡山は20年くらい前に青春18きっぷで広島まで旅行したとき、ちょっと寄り道して岡山城の近くをフラフラと散歩したくらいしか行ったことがないなあ。ゆえに当然笠岡ラーメンも未食。岡山また行ってみたい。桃太郎ランド買いたい。

Advertisement


開封してみると中身は寿がきや独特のもっちりノンフライ麺にかやくの小袋。そしてスープは液体スープ一本勝負でござーます。


熱湯を注いで4分待ち、液体スープを混ぜると鶏だしの香りがブワアァァーーーッと広がってきました。かなり強烈な存在感。ゼルダの伝説シリーズでニワトリを剣で斬りつけまくってたら、ニワトリの大群に襲われるわけですが、そのくらい鶏が押し寄せてくる感があります。


まずはスープをズイズイッといただいてみると、今度は醤油のパワーの強さにびっくり。素人がダシを入れずに作っちゃった醤油ラーメンと紙一重。なんだったら彦龍ラーメンのことも思い出しちゃうレベル。そのくらい醤油が前面で主張してる!

それでももちろん味はちゃんと整ってるし、しょっぱいわけでもない。極限まで余計な要素を削ぎ落とし、醤油と鶏だけを信じて成立させたラーメン。まるで大魔神佐々木のようなラーメンだ! これはすごいな〜!!


でもシンプルゆえにパンチが足りない感じは否めない。令和という時代のカップ麺を食いまくってると刺激に慣れすぎてしまうんだろうなあ。あと少しだけでいい、もう少しだけでいいからスパイス的な要素が欲しくなってしまった。まあそれは自分で足せば済む話でもあるけど。

あとは具ももう一声。ねぎがいっぱい入ってるのはいいんだけど、鶏肉がさすがに小さいなあ。食感の寂しさもインパクトの薄さに繋がってるかも。もろもろもう一声。ごちそうさまでした〜!!

評価:★★★★

 

↓もしよければ下のいいねボタン()を押してください!
+1