【カップの麺ぜんぶ食う】第346回 セイコーマート 山わさび塩焼そば ★5 | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第346回 セイコーマート 山わさび塩焼そば ★5

        【カップの麺ぜんぶ食う】第346回 セイコーマート 山わさび塩焼そば ★5
0

セイコーマート 山わさび塩焼そば
調理時間 3分
麺 90g
熱量 507kcal
炭水化物 63.7g
食塩相当量 3.4g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2019はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2020はこちら

北海道を中心に展開しているローカルコンビニ「セイコーマート」のオリジナルカップ麺「山わさび塩焼そば」が近所のウエルシアとかで売ってたので食べてみましたよ。今回は動画も撮ってみました。

なんで動画も撮ったかというと、この姉妹品の「山わさび塩ラーメン」がとんでもなく凶悪なカップ麺だったから。それもブログを書いたり動画を撮ったりしたのですが、ま〜ヤバかった!

決してネタではなく、ちゃんとラーメンを美味しくするために山わさびという素材を使っているのはわかるのですが、いかんせん刺激が強すぎる!  涙をボロボロ、鼻水をダラダラと垂らしながら、盛大にむせ返ったりしつつ食べました。わさびというジャンルだったら間違いなく過去食べたカップ麺のなかでもぶっちぎりで激辛1位になりますね。


そんな「山わさびラーメン」の姉妹品なのですが、こっちには「刺激が強い商品です」とか注意書きが入ってるんだよな。

ネットで食べる催涙ガスとか言われて親切心から注意書きを入れたのか、ペヤング獄激辛に引っ張られる形でネタに走ってしまったのか。それは神のみぞ知る。気が進むような、進まないような、複雑な気分だけど食べてみっぞ!

Advertisement


容器の中にはかやくと液体ソースとフライ麺のみ。かやくはキャベツと大豆ミート。ということはソースに山わさび成分が凝縮されているわけですわ。混ぜる前にニオイを嗅いでみたけど、その時点で涙腺がビリビリと刺激される感覚。こりゃ今作もヤバそうだな〜!!


こちらが完成形。具はちょっぴり寂しい感じ。


で、いざ食べてみると……これがめちゃくちゃウマい!!

とんでもない刺激に備え、完全にガードを固めながらズルズルっとすすってみましたが、純粋に塩焼きそばとしてかなりいい味! 山わさびの刺激は確かに強烈で、塩味の中でバッキバキに存在を発揮してるし、食べるたびに涙腺も刺激されるんだけど、「山わさび塩ラーメン」のような狂気はなし。上手〜に山わさびを使ってる!


おそらく理由はスープがないから。ラーメンは麺がスープに浸り、食べるたびに湯気が立ちのぼるわけですが、その湯気に含まれている山わさびの成分から激しい刺激を浴びる感じだったんですよね。焼きそばだとスープがない分すぐに冷めてしまい、最初しか湯気が出ないので余計な刺激を受けずに食べられるというわけです。

ゆえに純粋に塩焼きそばと山わさびのコンビネーションを味わえる。しかも相性がすごくいい!

食べる催涙ガスだなんてとんでもない。これは純粋に完成度の高い大人向けのカップ焼きそばですよ。山わさびの爽快感ある辛さが塩焼きそばとこんなに合うと気づかせてくれたセイコーマートに乾杯! 

具の寂しさこそあれど、個人的には大好きな味だったので星5つあげちゃう!

評価:★★★★★

 

↓もしよければ下のいいねボタン()を押してください!
0