【カップの麺ぜんぶ食う】第42回 日清食品 焼そばU.F.O. 大盛 追いトッピング油そば ★5 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第42回 日清食品 焼そばU.F.O. 大盛 追いトッピング油そば ★5

【カップの麺ぜんぶ食う】第42回 日清食品 焼そばU.F.O. 大盛 追いトッピング油そば ★5

日清食品 焼そばU.F.O. 大盛 追いトッピング油そば
調理時間 5分
麺 130g
熱量 784kcal
炭水化物 94.3g
食塩相当量 6.7g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら

ついにカップ焼きそばの王様「U.F.O.」も油そばに参入。焼きそばなのに油そば。「日清油そばU.F.O.」とは謳わないあたり、まだ油そばが市民権を得ていないんだなあと感じますな。


油そばU.F.Oはレギュラーサイズではなく大盛りサイズのみでの販売。麺は130gもあるから食べごたえは抜群で、カロリーはびっくり784kcalです。店に行くと「油そばはラーメンよりヘルシー」なんて書かれてたりするけど、カップ麺に限ってはそうはいかない。

Advertisement


油そばU.F.O.の特徴は「追いトッピング」。フライドガーリック、きざみのり、赤唐辛子、炒りごま、魚粉、黒胡椒が混ぜ合わされていて、麺を半分食べ進めたところで投入するのを推奨されています。味変させるのは油そばの醍醐味ですからね。


フタを開けるとその「追いトッピング」とタレが入っていました。かやくは麺の下にあるのがU.F.O.式。湯切りのときに具が飛び出ない優しさ設計。


熱湯を注いで5分。タレを入れてかき混ぜると店で食べる油そばと同じ香りが漂ってきました。これは上がる! 醤油の香りの中に酢の香りもしっかり感じられます。


まずは推奨されていた通り、トッピングを入れずにひとすすり。……これはすごいぞ。香りの印象の通り完璧な油そばです。

味は油っぽすぎず、醤油味のしょっぱさと酢の酸味とラー油の辛味を油が上手にまとめている感じ。まろやかさの中にいろいろな味がバランスよく共存している。そしてフライ麺特有のゴワゴワした食感や油っぽい香りまで味方につけてる。


我慢しきれず、半分も食べていないタイミングで「追いトッピング」を投入。これは魚粉の主張がちょっと強く感じたけど、それはまあ好みでしょう。

追いトッピングだけでなく、好きな人はマヨネーズを入れてもいいし、ラー油、黒酢、豆板醤、たまねぎなど、店にいるつもりで思い思いの調味料や具材を入れたらいいと思う。ベースが完璧に油そばでいてくれてるから自由なカスタマイズにも耐えられるはず。

Advertisement

これまでに食べた油そばの1位は100円を切っても見事なクオリティだった「みなさまのお墨付きの油そば」だったんだけど、これは価格が倍のU.F.O.がコスパを考えても貫禄勝ち。横綱相撲。

そもそもカップ焼きそばって焼いてないから、本物の焼きそばとはすっかり別の道を歩んでしまっているけど、このU.F.O.油そばは完全に本物の油そばと同じ道を歩いてる。そして200円前後で「店に食べに行けなくてもU.F.O.を食べておけばいいや」と思えるクオリティ。

もしかしたら油そばがこの世に誕生するのがもう20年くらい早かったら、カップ焼きそばではなくカップ油そばが主流になってたんじゃないか。そんなことを考えさせられるくらい素晴らしい商品でした。

評価:★★★★★

ちなみに、レギュラーサイズのU.F.O.油そばも2月18日から発売になるみたい。
https://www.nissin.com/jp/news/7551

パッケージを見るとトッピングがあるのかはわからないけど、きっと味のベースは変わらないはず。大盛りだとちょっと、という人はぜひこちらを食べてみてほしいですな。