【カップの麺ぜんぶ食う】第308回 寿がきや 銀座香味徳監修 鳥取ゴールド ★5 | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第308回 寿がきや 銀座香味徳監修 鳥取ゴールド ★5

【カップの麺ぜんぶ食う】第308回 寿がきや 銀座香味徳監修 鳥取ゴールド ★5
+1

寿がきや 銀座香味徳監修 鳥取ゴールド
調理時間 5分
麺 65g
熱量 341kcal
炭水化物 52.2g
食塩相当量 6.9g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2019はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2020はこちら

最近になってよく行くスーパーで大量に陳列され始めていたので買ってみましたよ。寿がきやの「鳥取ゴールド」。鳥取に60年以上の歴史がある香味徳というお店があり、この鳥取ゴールドは香味徳銀座店にあるメニューらしい。ややこしいけどなるほどなあ。


全然話は変わりますが鳥取は未だ一度も足を踏み入れたことがない場所。旅行好きな人間としてはもちろんいつかは行ってみたい。もしこの先いつか鳥取に行ったときに、鳥取でラーメンを食べたくなるきっかけとなるような一杯になるといいなあと思いながらいただくことにしますね。

Advertisement


開封すると小袋は3袋。液体スープ、かやく、あとのせかやくという構成です。


麺はノンフライ麺が65gなのでやや少なめ。かやくはチャーシューが1枚とわずかなもやし。もやしなんてスーパーで1袋買って19円とかだったりするのに、この量だと0.5円にも満たないんじゃないかしら。


ところが熱湯を注いで5分後。液体スープとあとのせかやくを追加したらだいぶ見栄えが華やかになりました。大量のネギと粗挽き黒こしょうがいい感じ。

そして透明度のスープの水面がゴールドの名前に負けずにまばやく光り輝いてる……! 美しい〜!!


まずはこちらのスープからいただいてみましたが、口から鼻に突き抜けていく牛骨の風味。クセはやや強いけどこれがウマい!

そんな牛骨だしに支えられた醤油スープはオーソドックスな中華そばのようでもあるんだけど、なんだかすごく洗練されているというか、高級感があるんですよね。

そこにネギや粗挽き黒こしょうのピリッとした刺激が最高のアクセントに。これは即席麺ではなく“ごちそう”を食べている感覚に陥っちゃう!


もっちり食感の寿がきや独特のノンフライ麺とスープの相性もかなりいい感じ。これだけ存在感のあるスープに麺ががっぷり四つで引けを取っていないのはすごいことですよ、ほんと。

残念なポイントがあるとすれば美味しすぎて一瞬にして食べ終わってしまうことでしょうか。まあ、でかい皿の中央にチョコンとしか盛り付けられない高級フレンチのようなものだと思えばいいかな。

牛骨の風味が苦手な人はいると思うけど、完成度は非常に高いですよ。食塩相当量が6.9gと多めなのでスープの完飲にはご注意を。おすすめです〜!!

評価:★★★★★

 

+1