【カップの麺ぜんぶ食う】第307回 日清食品 カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 ★5 | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第307回 日清食品 カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 ★5

【カップの麺ぜんぶ食う】第307回 日清食品 カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 ★5
0

カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質
調理時間 3分
麺 60g
熱量 274kcal
炭水化物 35.4g
(糖質 15.3g/食物繊維 20.1g)
食塩相当量 4.8g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2019はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2020はこちら

おいおい、最近は空前のプロテインブームではありますが、まさかカップヌードルからこんな商品が出るとは思わなんだ。高たんぱく&低糖質の「カップヌードルPRO」


これまでに低カロリーのカップヌードルなんかも出たりしていましたが、こいつは数値を見るといろいろ本当にすごい。15.2gだなんてコンビニで売ってるプロテインドリンクとかサラダチキンと同じくらいのたんぱく質量だし、炭水化物も35.4gのうち食物繊維が20gも占めているとか……!


よく「レタス1個分の食物繊維配合!」なんて売り文句をよく見ますが、レタス1個分の食物繊維って約3.3gとかそんなもんなんですよね。レタスの個数に換算すると実に6個分!

最近健康に気を遣って「ZENB NOODLE」なんてものも食べたりしてるんですが、これでさえも1食最大13.6gとのことなんだから、その辺の健康食品を食べるよりも全然優秀なんですよ。ほんとすごい!


まあでも結局なんだかんだで一番大事なのは味ですよ、味。オリジナルのカップヌードルよりもウマい必要はないけど、明らかに劣ってしまってはいけない。肝となるのは麺のクオリティでしょうね。この数値を見る限り、麺は相当いじってきてるでしょうから。

というわけで、ハイプロテイン謎肉の入ったカップヌードルPROを食べてみようじゃないですか。

Advertisement


開封してみるとエビ、謎肉、玉子がゴロゴロ入っていて、パッと見た感じはいつものカップヌードルと一緒。まあいずれも高タンパクな食材だもんな。実際オリジナルのカップヌードルも10g程度はたんぱく質を摂取できますしね。

あとは麺が若干細いかな? とりあえず熱湯を注ぎます。


3分待ち、こちらがカップヌードルの完成形。本当にマニアじゃないと見た目では違いがわからないレベルでしょうな。


で、実際に食べてみるともちろんスープはそのまんま。麺は若干薄くて食感が柔らかめで、いつもと何かが違う感は出てるけど、単純にスープとの相性が悪くないので違和感はなし。これで高たんぱく&低糖質なら全然アリでしょ!


ハイプロテイン謎肉はむっちりしていて、熱湯でちゃんと戻らずに芯が残ってしまったかのような食感。でもこれもこれで肉々しさが強調されてる気がするし、全然悪くない。

エビ、玉子、スープがそのまんまだから麺が変わってもほとんど違和感が生じてないのが素晴らしいなあ。結局これをウマいと思うかは個人の好みによるけど、これだけ栄養価の高いものをほとんど同じ味で再現しているのはお見事としか言いようがないですな!

まあ気をつけるべきは食塩相当量に関してはほぼ変わっていないので、完全食だと思って食べまくってると間違いなく塩分の過剰摂取になってしまうことでしょうな。

評価:★★★★★

 

0