【カップの麺ぜんぶ食う】第206回 寿がきや 富山ブラック風油そば ★5 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第206回 寿がきや 富山ブラック風油そば ★5

【カップの麺ぜんぶ食う】第206回 寿がきや 富山ブラック風油そば ★5

寿がきや 富山ブラック風油そば
調理時間 5分
麺 80g
熱量 460kcal
炭水化物 65.3g
食塩相当量 5.1g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2019はこちら

寿がきやからご当地ラーメン「富山ブラック」風の油そばが出てました。前に富山ブラックラーメンの方は食べたことがあるけどなかなかいい味してたなあ。まあ味以上に向こう側が透けて見えるほど薄いチャーシューに衝撃を受けたけど。


それにしてもこれはすごいカップ麺でしたよ。目にした瞬間から星5つの予感だったのですが、いざ食べてみるとその予想をいろんな意味で超えていきました。。

Advertisement


開封すると中にはかやく、液体スープ、あとのせかやくの3袋。麺はいかにも寿がきやのノンフライ麺という見た目。かやくはキャベツのみだったので、あとのせかやくの中身が気になるところですな。

そして熱湯を注いで5分後。湯切りをして液体スープを混ぜ、「醤油のいい香りがするな〜。名前の通り黒いな〜」なんて思いながら仕上げにあとのせかやくを開封すると……


ドチャーッと大量に出てきた黒い粉末!! なんだよこれ!!



よく見てみるとこれはすべて粗挽きの黒胡椒! いくらなんでもやりすぎだろ!! 寿がきやのバカ!!

なんて思いながらかき混ぜて食べてみると、さすがに胡椒は強いしお下品な味なんだけど不思議と「まあ富山ブラックっていえばこんなものなのかも……?」と納得できる味でもある。

醤油のタレもしょっぱいだけじゃなくて背脂でこってりまろやかにチューニングされているし、もっちりした麺によく絡んでうまい……!


しかも大量に入っている粗挽き黒胡椒はゴリゴリするほどの大粒のものも残っているのがなんともニクい。これがすごくいい食感のアクセントになっているんですわ。肉っぽい具も入っていたらもっと素晴らしいんだろうけど、その物足りなさを大粒の黒胡椒が補うという頭の悪いチームワーク。

すごいなあ。徹底的に突き抜けたカップ麺ですよ。しかしペヤングGIGAMAXとかみたいにネタで突き抜けているのではなく、ちゃんと美味しさを表現するために突き抜けている感じ。

こんなカップ麺を美味しいなんて言ったらジャンクフードバンザイの不健康な人に思われちゃいそうだけど、それでも構わない。ジャンクフードの極み。最低で最高のカップ麺でした。

評価:★★★★★