【カップの麺ぜんぶ食う】第35回 トップバリュ ネギの香ばしさの塩焼そば ★4 | | 健全なホームページ
6/17(月)新宿にてバカレシピイベント開催決定!!

【カップの麺ぜんぶ食う】第35回 トップバリュ ネギの香ばしさの塩焼そば ★4

【カップの麺ぜんぶ食う】第35回 トップバリュ ネギの香ばしさの塩焼そば ★4

トップバリュ ネギの香ばしさの塩焼そば
調理時間 3分
麺 90g
熱量 521kcal
炭水化物 65.7g
食塩相当量 4.9g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら

イオンのプライベートブランド「トップバリュ」の塩焼きそば。トップバリュはとにかく安い。それでいて一定のクオリティ。コスパの高い商品です。


なんせ発売価格は税込95円。これでも58円のカップラーメンとかを売ってるトップバリュにしてみれば高級商品。何度も食べたことがありますが、まあほんと素晴らしいですよ。

何度も食べてきた商品ではありますが、先日ガジェット通信の記事でネタにしたので、せっかく「カップの麺ぜんぶ食う」ってタイトルでやってますしアーカイブ的に残しておこうかと。

ちなみにガジェット通信で書いた記事はこちら。

インスタが茶色い写真ばかりで映えないから『焼きそばレインボー』を作ってインスタ映えを試みた結果
https://getnews.jp/archives/2112551


この塩焼きそばを9個用意しまして


8色の食用色素を使い



虹色の塩焼きそばを作ったのです。これは久々にバカなことをやり切れたのでぜひ読んでみてください。


というわけで9人前の塩焼きそばを食べることになったのですが、色は違えど味はすべて一緒。それでも飽きずに食べられたのは味がウマいからでしょう。

塩ダレの味はしっかり濃い目になっていて、かといってただ塩っぱいだけでなく、ポークの旨味やネギの風味もしっかり溶け込んでいて、どんどん箸が進む味。それでいて麺は油で揚げた安っぽさが薄く、食感も十分なレベル。太麺じゃないのが功を奏しているのかな。

Advertisement

ただ難点があるとすればかやく。安い商品なのでかやくでコストダウンさせるのは大いに結構。しかもキャベツ自体は少ないわけではありません。ただ、ちょっとだけ入っている小さな肉がいただけない。なんと、肉があまりにも小さすぎて、湯切りをするときに湯切り穴からボロボロと出ていってしまうのです。ただでさえ入ってる量が少ないのに……!

もちろんモノによって違いはあるんだろうけど、先程の記事で9回連続湯切りをしたとき、やっぱり結構な割合で出ちゃってたもんなあ。いっそ肉をまったく入れないほうがもったいなさを感じず気持ちよく食べられたかも。そこだけ惜しい。

評価:★★★★