【カップの麺ぜんぶ食う】第146回 日清食品 どん兵衛マシマシ篇 ガチニンニクバター味噌 ★4 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第146回 日清食品 どん兵衛マシマシ篇 ガチニンニクバター味噌 ★4

【カップの麺ぜんぶ食う】第146回 日清食品 どん兵衛マシマシ篇 ガチニンニクバター味噌 ★4

日清食品 どん兵衛マシマシ篇 ガチニンニクバター味噌
調理時間 5分
麺 70g
熱量 436kcal
炭水化物 57.5g
食塩相当量 7.1g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら

日清公式どん二郎と話題になった「どん兵衛マシマシ篇 ガチ豚ニンニク」に続き、マシマシ篇第2弾として「ガチニンニクバター味噌」なる商品がセブンイレブン限定で発売となりました。


ちょうど海外旅行直前のタイミングでの発売だったため、いろいろ忙しくてしばらく後回しにしてしまってたんですが、やっぱりこれは食べておかないと。YouTubeでもレビューをしましたが、ブログにも書き残しておきます。

Advertisement


前作はフタを開ける前からニンニクの香りが感じられるほど大量のニンニクが入っていましたが、今回はそこまでではない印象。おそらく味噌の香りがニンニクを相殺していたのでしょう。

調味油的なものはありませんでしたが、カップの中には大量のバターキューブが封入されていました。でかまるバターコーン方式ですな。


熱湯を注いで5分で完成。やはり前作同様カップの底に刻みニンニクが沈みがちなので、いつも以上に念入りにかき混ぜます。


表面には北海道のラーメンを彷彿とさせる油の膜ができていました。オイルをたらさずにこれはすごい。そして気になる味ですが、「濃厚」「コッテリ」というより「マイルド」「まろやか」という印象が強め。味噌も非常にマイルドです。


どん兵衛の麺もふわっと柔らかいので、そんな食感も含めて“優しい味”になっています。そんなスープに浸った麺に刻みニンニクが絡んでくると、ニンニクの刺激がいい感じのアクセントになってくるけど、やっぱりニンニクがゴリゴリに尖っていた前作のイメージで食べるとちょっと拍子抜けしちゃうかも。

でも個人的にはすごく好きな味ですね。こういう味の味噌ラーメンを出す店があったら間違いなく高評価をつけるだろうな~。

ただしそれなら満点をつけるかといえば、つけないな。かやくだったり、味のインパクトだったり、何かの要素がもうひとつはプラスされていないとちょっぴり寂しい。コーンやネギを足したり、バターを追加してこってり感を強くしたり、生姜を足したりして食べるのが正解かな。

評価:★★★★