【カップの麺ぜんぶ食う】第193回 エースコック スーパーカップ1.5倍 ポークゼロ こってり濃厚とんこつ味ラーメン ★2 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第193回 エースコック スーパーカップ1.5倍 ポークゼロ こってり濃厚とんこつ味ラーメン ★2

【カップの麺ぜんぶ食う】第193回 エースコック スーパーカップ1.5倍 ポークゼロ こってり濃厚とんこつ味ラーメン ★2

エースコック スーパーカップ1.5倍
ポークゼロ こってり濃厚とんこつ味ラーメン
調理時間 2分
麺 90g
熱量 534kcal
炭水化物 62.5g
食塩相当量 7.5g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2019はこちら

まーたエースコックがよくわからんことやらかしたぞ。スーパーカップ1.5倍シリーズの新作として「ポークゼロ こってり濃厚とんこつ味ラーメン」とかいうのが出てました。ポークゼロなのにとんこつ味……?


どうやらこちらは豚を使わずにとんこつ風の味を表現しているらしい。そんなのいったいどこにニーズが……。イスラム圏の人に向けて作ったっていうならわからなくもないですが、まじめなイスラム教徒に「豚の味がするけど豚を使ってないラーメンだよ〜」なんて言って売ってたら間違いなくぶっ飛ばされるぞ。脱法ドラッグ感が半端ない。

あっ、もしかしたらこれは豚だけじゃなく牛も鶏も使わずにビーガン向けのカップ麺として開発したのかな? ラーメン屋でも動物由来食品不使用のメニューを用意してる店も増えてきましたしね。だとしたら素晴らしい配慮じゃないか!


……なんて思ったらガッツリ牛も鶏も使ってた。もう、なんなんだよ!

結局これは「豚を使わずにとんこつっぽい味を作れたよ! すごいでしょ!」っていう自己満足なだけ。企画のインパクトも乏しいし、消費者目線じゃないし、さすがにこれはいただけない。

っていうか、肉かと思ったら大豆だったりとかするのも珍しくなりつつあるしね。どん兵衛の牛カルビうどんなんかは牛カルビっぽい肉片が大豆だったもんな。メインであるべき牛カルビを大豆で作るという荒業。それをしれっとやってるくらいなんだから、探してみたら豚を使わずにとんこつ味を表現したカップラーメンなんて他にもたくさんあったりするんじゃないかしら?

Advertisement


というわけである意味あきれながら実食スタート。容器にはかやく入りスープと液体スープの2袋。麺は特別細麺ってわけじゃないけど熱湯2分で仕上がります。いつもの麺を固めに仕上げさせることで強引にとんこつラーメンっぽさを出そうとしてるんじゃ……?


2分後に液体スープを入れてかき混ぜるとこんな感じ。プカプカと浮かんでいる肉っぽいものは「そぼろ風大豆ミート」です。


食べてみるとやはり麺は良くも悪くもいつものスーパーカップの麺を固めで食べている感覚。

味はスープは思いのほかとんこつっぽさは出てる。出てるんだけど、100〜200円クラスのカップラーメンのとんこつ味ってどっちにしろこんなもんだよなあっていう味。豚を使わずにこの味を作れたのは開発者的にはすごいことなのかもしれないけど、食べる側にしてみりゃ本当にどうでもいいこと。


あとは大豆ミートも日清のそれとかと比べるとクオリティは段違いで、肉っぽさのかけらもない、ただフニャフニャしたよくわからないものを食べている気になってくる。

というようにここまで辛辣に酷評してしまいましたが、それでもまあ総合的には悪くない味というか、本当にカップラーメンらしいカップラーメンの味なんですよ。なのでまあ最低点をつけるほどではないかな……。

「豚を使わなかったことで価格を100円に抑えられました!」「カロリーを1/2にできました!」とか、豚不使用の意味がちゃんと消費者にとってのメリットになっているんだったらこのままでも高く評価すべきだと思うけど、消費者にはなーんにもいいことがない。

ドン・キホーテとかで80円くらいで叩き売られるようになったら価値が出てくると思います。麺の量が多くてお腹は膨れるからね。

評価:★★