【カップの麺ぜんぶ食う】第196回 明星 中華三昧 上海焼そば ★4 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第196回 明星 中華三昧 上海焼そば ★4

【カップの麺ぜんぶ食う】第196回 明星 中華三昧 上海焼そば ★4

明星 中華三昧 上海焼そば
調理時間 4分
麺 85g
熱量 498kcal
炭水化物 73.4g
食塩相当量 4.6g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2019はこちら

中華三昧の「上海焼そば」をいただいてみました。ソースじゃなくてオイスターソースで作るのが上海焼きそばって認識してるんだけど合ってるかしら?


前に食べた中華三昧の台湾まぜそばはカップ麺オブ・ザ・イヤー2019の優勝候補だったし、今作も期待しないわけにはいかないっしょ!

Advertisement


開封すると容器の中にはかやくとソースの2袋。麺はカップ焼きそばにしてはかなり細めの部類です。


熱湯を注いで4分後に湯切りし、ソースを混ぜるとこんな感じに。野菜がでかい! チンゲン菜!! たくさん入ってる!!

前回食べたかやくゼロのエースコックの油そばとは大違い。まあこれはこれで最高だったんですが、同じ汁なしカップ麺でもアプローチが対照的すぎますな。


実際に食べてみると、パッケージにも書いてありましたがだいぶ甘味が強め。そして「胡麻油とネギ油の香り」とも書いてありますが、油の存在感も強いですね。

繊細であっさりさっぱりしているのを予想していましたが意外とこってりしています。もしかしたら油っぽさはエースコックの油そばよりも強いかも……。


そしてノンフライの麺は繊細な感じなので、味とイマイチ合ってない感じがしてしまうんだよなあ。これは麺を焼いてごまかしたくなる……! お湯で戻した麺に油を和えているからこってり感が強くなっちゃうんだろうから、そのまま少し火を通すだけでだいぶ印象が変わるはず……!

チンゲン菜をはじめとした具材の完成度は高いし、そこはさすが中華三昧クオリティ。たぶん本物の上海焼きそばっぽさを追求した結果、味を見事に再現することができた分、麺に火を通していないというところに違和感を覚えてしまったんだろうなあ。

評価:★★★★