【カップの麺ぜんぶ食う】第234回 エースコック スーパーカップ1.5倍 ラーメン暖暮監修 辛ダレ豚骨ラーメン ★3 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第234回 エースコック スーパーカップ1.5倍 ラーメン暖暮監修 辛ダレ豚骨ラーメン ★3

【カップの麺ぜんぶ食う】第234回 エースコック スーパーカップ1.5倍 ラーメン暖暮監修 辛ダレ豚骨ラーメン ★3

エースコック スーパーカップ1.5倍 ラーメン暖暮監修 辛ダレ豚骨ラーメン
調理時間 3分
麺 90g
熱量 519kcal
炭水化物 60.4g
食塩相当量 7.8g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2019はこちら

旬を逃して食べがちなエースコック。暖暮という福岡を拠点にしている豚骨ラーメン屋が監修している「辛ダレ豚骨ラーメン」を食べてみましたよ。たしか2020サマーが始まる前に発売されたやつ。


こちらは人気ラーメン店の名前が冠されているとはいえ、あくまでも監修ですからね。良くも悪くもスーパーカップの豚骨ラーメンとそう変わらないんだろうなと思いながら食べるわけですが、これにはほかのスーパーカップとは明らかに違う要素も。


何が違うかっていうと、なんとカップのフタに暖暮の替え玉無料券がついているという。オンラインクーポンが当たり前となった令和の時代にカップ麺のフタを切って店舗に持ち込んだ人がどれだけいたのでしょうか。

Advertisement


というわけでいざ実食。クーポンのついたフタを剥がすとかやく入り粉末スープと特製ペーストの小袋が2袋。そしてカップの外には猫の足。もちろん注目すべきは猫の足でござーます。かわいいねえ〜〜〜〜!!


粉末スープに同封されたかやくはネギ、きくらげ、チャーシューが申し訳程度。


熱湯を注いで3分待ち、白濁したスープの中央に特製ペーストを垂らすとなんだかそれっぽい見た目になりました。視覚的にもいい仕事をしてますな。


で、食べてみるとこのペーストがまあまあ辛くていい感じ。ベースとなってる豚骨スープはいかにもカップラーメンの豚骨スープという感じの無難な味なんだけど、このピリ辛がいい具合に味を引き締めてる。


ただそれでもやっぱりすべてをかっさらうのはエースコックのフライ麺。いつものスーパーカップと比べると気持ち細麺なのかな? それでいて少し固めに仕上がったような気がするんだけど、太さとかコシとかがどうでもよくなるくらいフライ麺の風味がスープに浸食してるんだよなあ。

でもそれが悪かといえば必ずしもそうとは限らない。ある意味この麺の風味がなければエースコックじゃないし、この風味が合うスープならまったくもって問題ないわけですよ。

豚骨ラーメンなら基本的にエースコックの麺との相性は悪くないと思ってるんですが、今作も然り。暖暮のラーメンと言われたらファンほどブチ切れするかもしれないけど、ひとつのカップ麺として食べるのなら無難においしいと思いました。

ラ王とかマルちゃん正麺みたいな本格派ではなく、カップラーメンらしいカップラーメンを食べたいときにピッタリな一杯。もうなんていうかエースコックのカップラーメンは「おふくろの味」的な感覚があるんだろな。

評価:★★★