【カップの麺ぜんぶ食う】第237回 まるか食品 ペヤング 酢コショウやきそば ★3 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第237回 まるか食品 ペヤング 酢コショウやきそば ★3

【カップの麺ぜんぶ食う】第237回 まるか食品 ペヤング 酢コショウやきそば ★3

まるか食品 ペヤング 酢コショウ焼そば
調理時間 3分
麺 90g
熱量 530kcal
炭水化物 61.7g
食塩相当量 3.3g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2019はこちら

正直に言うと、ペヤングソースやきそばは大好きなんだけど、ペヤングブランドおよびまるか食品の姿勢は全然好きじゃないんですよ。ネタっぽい商品を作って話題になって一回売れたら御の字的な。最近はほんとそればっかり。

GIGAMAXシリーズなんかは「とりあえずたくさん入れたぜ? ヤベーだろ? あとはネットニュースとかYouTuberさんが話題にしてくれよな」みたいな浅はかな考えが透けて見えるし、最近だと「アップルパイテイスト」とかもう全然おもしろくない! 食べ物で遊ぶんじゃないよ!!(おまえが言うなという話ですが、公式がやるのとユーザーがやるのは別物でしょ……)


そんななか、そこまで話題にならずにしれしれっと売り場に並んだのがこちらの「ペヤング 酢コショウやきそば」。話題になってなかったのはいつもより無難だからでしょう。

そう考えるとペヤングのいつもの奇をてらう戦略はあながち間違ってないんだろうけど、イロモノ路線は麻薬よ。いつか滑って炎上してゴキブリ混入事件の二の舞になるぞ。

Advertisement


今作には「餃子に酢とコショウをつけたような味」という説明も添えられていました。いわゆるマツコデラックス式餃子の食い方ですな。


かやくにはニラがいっぱい。これで餃子っぽさを演出しようということでしょうか。


で、完成した状態がこちら。コショウ、多っ! いつもならコショウMAXとかそんな感じの名前で出しそうなコショウの量です。


食べてみると見た目のまんまコショウのインパクトが強烈。酢ベースのソースもサッパリしていてなかなかいい感じ。ただこれが餃子っぽい味かと問われると、全然そんなことはない気がする。

ニラがせっかくたくさん入ってるのに食感が全然ないからか存在感がなく、肉もいつものペヤング肉がちょろちょろっと入っているだけ。味付けは餃子のタレっぽくしてるのかもだけど、やっぱり餃子というからにはもっと肉っぽさがないといかんでしょ、肉っぽさが!!

あらかじめ餃子っぽい味とか聞かされてなければ印象が全然違ったかもしれないのに、無駄にハードルを上げてしまったなあ。


しかも酢ベースの味はいい感じなのに、コショウの存在感が強すぎて全部持っていっちゃってる感も否めない。こういう味が好きだっていう人も一定数いるだろうけど、まあー完成度は決して高くはないかな。

評価:★★★