【カップの麺ぜんぶ食う】第76回 エースコック CoCo壱番屋監修カレーラーメン 糖質オフ★5 | | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第76回 エースコック CoCo壱番屋監修カレーラーメン 糖質オフ★5

【カップの麺ぜんぶ食う】第76回 エースコック CoCo壱番屋監修カレーラーメン 糖質オフ★5

エースコック CoCo壱番屋監修カレーラーメン 糖質オフ
調理時間 5分
麺 50g
熱量 209kcal
炭水化物 42.5g
食塩相当量 5.1g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら

エースコックの低糖質シリーズにチャレンジ。前にリンガーハットのを食べたときは星3つの評価をつけたけど、それは野菜の物足りなさゆえ。低糖質麺自体は十分美味しく食べられました。


それだけに今回は期待……といきたいところなんだけど、これまた前に食べたココイチのミニラーメンは麺が微妙で星2つの評価。逆にスープはいい感じだったので、この2品がいい感じに組み合わさることを期待したいところ。

Advertisement


ちなみに気になるカロリーはわずか209kcal。これはすごい。リンガーハットのそれよりもさらに70kcalくらい低い。


フタをあけると粉末スープとかやくの2袋が登場。


低評価をつけたココイチのミニラーメン野菜盛りカレーを謳いながら野菜が少なすぎたことにおかんむりだったけど、今回はただのカレーラーメンなのに野菜盛りカレーより具が多いのは喜んでいいのか悪いのか。

ネギが多めになってるから、店のカレーよりカレーラーメンに寄せてきたってことなんだろうけど、絶対に店のカレーに寄せるよりは間違いないはず。


熱湯を注いで5分後。全体をかき混ぜるといい感じにドロドロしてきました。低糖質低カロリーのヘルシー麺とは思えないジャンクな仕上がりです。なかなか濃厚そう。

期待がぐんぐん上がっていく中で箸をつけてみると、見た目の期待通りにカレースープが相当いい味を出していて感動。うまい! スパイスの深みを感じられるココイチらしい味です。ちょっとしょっぱいかなって思うほど濃厚なんだけどそれもまたいい。健康志向なのに味はジャンクというギャップがたまらん。


麺は独特の触感で、いつものノンフライ麺のイメージよりは柔らかめなんだけど別に悪くない。逆に濃厚なスープがしっかり馴染んでくる感じ。

あと、変に「野菜カレー」とか「○○カレー」って具の名前を出してハードルを上げず、ネギとか細かい具をたくさん入れたという判断も素晴らしい。“食べた感”を増幅させてくれてる。


しかしこれだけうまいとダイエットメニューとしてはある意味もろ刃の剣。スープは飲みたくなっちゃうし、ご飯を入れて食べたくもなっちゃうし、おかわりもしたくなっちゃう。それをしたらせっかくの低糖質麺なのに台無しになっちゃう。でも食べたい! という無限ループに突入してしまうのです。

しかも「2個食べても400kcalだからまあいいか!って思えちゃうのがまたヤバい。うますぎてダイエットには適さないってすごいな。

とにもかくにもココイチの看板に恥じない、予想外のうまさを堪能できる一品でした。本気でダイエットしてない人にすすめたい。

評価:★★★★★