清瀬で見つけたディープな沖縄「沖縄料理 アカネ」でソーメンチャンプルーを食べる【清瀬グルメ】 | 健全なホームページ

清瀬で見つけたディープな沖縄「沖縄料理 アカネ」でソーメンチャンプルーを食べる【清瀬グルメ】

        清瀬で見つけたディープな沖縄「沖縄料理 アカネ」でソーメンチャンプルーを食べる【清瀬グルメ】
+4

清瀬駅南口の「ふれあいど〜り」と小金井街道の間にはディープな店が並んでいる道があるんですよね。街灯が少なくて薄暗く、夜なんかはたぶん女性一人で歩いたりするのは怖いくらいの雰囲気があるんですが、その中でも特に怪しげで近寄りがたいオーラを放っているお店に行ってきましたよ。

「沖縄料理アカネ」に行きました


その名も「沖縄料理 アカネ」。見るからに壁は薄く、屋根はトタン屋根。奇しくも「ふれあいど〜り」のカジュアルな沖縄料理屋「みんなのタコ公園」の裏辺りにあるんですが、タコ公園が国際通りならアカネは牧志公設市場周辺のせんべろ街みたいな雰囲気。


でもどっちが本当の沖縄なのかというと、観光客向けに門戸を開いているのは国際通りだけど、地元民が足を運ぶのはせんべろ街の方。なんというかそういう知る人ぞ知る感というか、ディープな空気がすごくいいなあと。まさか清瀬でこんな沖縄料理屋に出会えるとは。

「沖縄料理 アカネ」のメニュー


ただしメニューはせんべろ街のようにお店のことを心配しちゃうような価格設定ではなく、むしろ割高に感じるものが多いかも。フライドポテト700円、コーンバター600円、唐揚げ900円とか。

でもやっぱりこのラインナップはグッとくるものがありますね。にんじんしりしり、ミミガー、てびち、ヒラヤーチー、ポーク玉子、グルクンの串揚げ、麩チャンプル、そうめんチャンプル、海ぶどう、ソーキそば……いやあ、凄い。清瀬でそうめんチャンプルを食べられる店があったとは。

料理は全体的に主食系が多く、おつまみ系が少ないように感じたのは惜しいけど、それなら複数人で来れば飲み利用も問題なし。とりあえず初回は食事メインってことで、オリオンビールとソーメンチャンプルーを注文してみましたよ。

お通しから心をグッと掴まれる


するとオリオンビールと一緒にお通しとして肉じゃがが運ばれてきました。コースターは「琉球びんがた」だけど、そこは沖縄感出さないんだ笑。

でも食べてみるとこれがうまいのなんの! 味付けは正統派なんだけど、めちゃくちゃしっかり煮込まれていて味の染み込み方がハンパない。これで一発で心を掴まれてしまいました。沖縄料理屋だからと媚びることなく、シンプルに美味しい料理を出すという心意気、そして煮込み料理に置けそうな感じ、最高かよ。

今回はソーメンチャンプルー(800円)を頼みましたが、沖縄料理といったらてびちやソーキなど煮付けの技術が欠かせませんからね。この肉じゃが一発で「他の料理もうまいよ」というメッセージを受け取りました。俄然テンションが上がります。


そしていよいよソーメンチャンプルーのお出まし。具材はポーク、ツナという保存のきく食材とニラでまとめているのもリアルな沖縄っぽさがあって素敵。台風が来て買い物に行けなくても家にある保存食で作れるのがソーメンチャンプルーですからね。

味はカツオの風味を活かしたあっさりテイストなんだけど、そうめんってそのまま食べても塩気を感じられるものだし、ポークにも味がついているんでこれで正解。素材の味を上手に引き出してる美味しいソーメンチャンプルーでした。量も多かったし大満足!


この日の同行者はソーキそば(900円)を注文。これまた麺の量が多かったので残ったものをいただきましたが、あっさりとしながらも旨味が詰まったスープがやはり絶品。これはまた食べに行きたくなる味ですねえ。


一人で行くならシメに沖縄そばを迎えることまで想定して2軒目的な感じで行くのもアリかも。ちなみにソーキは一口も食べさせてもらえませんでした。それだけ美味しかったということでしょう。次のお楽しみだな! ごちそうさまでした〜!

店舗情報

沖縄料理 アカネ
住所: 東京都清瀬市松山1-18
営業時間: 17時〜23時
定休日: 月・火曜日
電話: 042-449-3005

↓もしよければ下のいいねボタン()を押してください!
+4