【カップの麺ぜんぶ食う】第305回 明星 麺とスープだけ 黄金鶏油中華そば ★5 | 健全なホームページ

【カップの麺ぜんぶ食う】第305回 明星 麺とスープだけ 黄金鶏油中華そば ★5

【カップの麺ぜんぶ食う】第305回 明星 麺とスープだけ 黄金鶏油中華そば ★5
+1

明星 麺とスープだけ 黄金鶏油中華そば
調理時間 4分
麺 70g
熱量 395kcal
炭水化物 61.1g
食塩相当量 6.6g

カップ麺オブ・ザ・イヤー2018はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2019はこちら
カップ麺オブ・ザ・イヤー2020はこちら

一蘭の具なし490円の暴利カップ麺が話題になりましたが、明星からも麺とスープしか入っていないことを売りにしている商品が発売されていましたよ。その名も「麺とスープだけ 黄金鶏油中華そば」


具が入っていないことをよしとしてプッシュするのって、なんだか不登校小学生YouTuberみたいな感じで微妙だな〜と思うんですが、でもカップ麺の具なんてもともとあってないようなもの。

具が入っていないものには寂しさを感じることも多いですが、それは味が単調で飽きちゃうのをごまかすためだったり、食感の変化をプラスしたりする効果がほしくなるから。麺とスープもしくはタレで味がバシッと決まっていれば具なんてなくても十分なのです。

Advertisement


そういう意味ではこの「麺とスープだけ 黄金鶏油中華そば」には大いに期待したいところ。価格も一蘭カップ麺の半分以下だしね。ちなみにかやくは入ってないけど「やくみ」は入ってた。


で、特徴的なのが粉末スープではなく「だしパック」を採用しているというところ。


だしパックを麺の上に置き、熱湯を注いで4分待ち、液体スープを入れる前に中で10回ほど揺らしてから取り出すらしい。たぶんこれは粉末スープでもいけるけど、こだわってる感を出すためのパフォーマンスな気がするな〜。


で、手順通りに仕上げて完成よ。黄金色に輝くスープが美しいじゃないか! そして薬味にはネギも入ってる。これはどちらかというと具にカテゴライズされるのでは?笑

でもまあ「具が入ってるじゃねえか!!」怒るのもおかしな話。これは間違いなく入っていたほうがウマいやつなので、ありがたくいただくことにしましょう。


当然気になるのはこれだけこだわっているスープの味。こちらからズズズッといただいてみましたが、これはびっくりさすがのウマさ!!

だしパックの有無でどれだけ変わるのかはわからないけど、その辺の高級志向のカップ麺よりもさらに雑味が少ないというか、洗練されている感じがしますね。フードコートとか日高屋クラスのラーメンではなく、コク深くて罪深い。

ラーメン激戦区で出てきてもおかしくなさそうな味とまで言っちゃうとまだオーバーなのかもだけど、少なくとも全然名前やコンセプトに負けてないですな。素晴らしい〜!!


そして麺は細麺でややもっちり食感。ちゃんとウマいしスープとベストマッチ。麺とスープだけで大舞台でも十分すぎるほど戦える。直球とフォークボールだけでメジャーリーグに渡った野茂英雄みたいなカップラーメンですわ。

なので土台としては完璧すぎるほど完璧なので、具なしで食べることにこだわらず、自分で好きな具をトッピングして食べるのが正解でしょう。完全体は自分で作る。コンビニで買えばチャーシューだってネギだって味玉だって一緒に買えるわけですから。


あと個人的に一番感動したのがカップの内側の2本目の線。こんなウマいカップラーメンはついつい一滴残らずスープを飲み干したくなってしまうわけですが、そうすると食塩の摂取量は6.6g相当。塩分摂り過ぎでWHOのテドロス事務局長ブチギレ案件となってしまうわけです。

ところがこの2本目の線までたどり着いたところでスープを飲むのを辞めれば食塩相当量4.5gで済むという目安になっているんですな。なんて素晴らしい気配り!!

開発者としてもせっかく気合を入れてスープを仕上げたのに、たとえ健康のためという理由でもまるまる残されたら寂しいですもんね。目安があることで飲みやすくなるし、飲み過ぎにも気をつけやすくなる。これは素晴らしい配慮ですわ。

この線が麺より下にあれば作るときに間違えることもないだろうし、ぜひほかのカップ麺でもどんどん採用してほしいなと思いました。

という感じで細かい部分まで超優秀な一杯でした。おすすめですぞ〜!

評価:★★★★★

 

+1